手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 小物 >

ウエスタンハットの縫い方

Translate


ウエスタンハット、テンガロンハット、ソフトハットが作れる型紙

型紙に書かれた長さのバイアステープを用意してください

必要な材料

表生地、接着芯、バイアステープ1p程度の幅のものと2p程度の幅のもの
(はぎれを切って作ってもよい)

スエード調生地
スウェード調生地 表面が少し毛羽立ったような革っぽい質感の生地
写真のような生地です

http://affiliate.rakuten.co.jp/link/pc/url?type=url&me_url=http%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%25B6%25BF%25E3%2583%2584%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AB%2F210254%2F%3FmyButton%3D%25E6%25A4%259C%25E7%25B4%25A2%26myButton.x%3D40%26myButton.y%3D10&me_id=1 一般的な手芸店で手に入る生地
色数も多く縫いやすい

お好みの柄のシーチングブロード
接着芯を貼るので、薄手の生地でも張りを出すことは可能です。

接着芯
薄地に厚地の芯を貼ると接着剤が多すぎてしみになったりするので、生地の厚さに応じた芯を選んでください。
貼ることで張りを出し、しわになりにくくなります。
つばは帽子用ハード芯をつかうとパリッと仕上がります


印刷用説明書ダウンロード



JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

布の縫い合わせ方

布はしのほつれどめ

まっすぐ縫う方法

布を型紙より大きく切ってください。
接着芯も型紙より大きく、布よりは小さく切ってください。
布より大きいとはみ出した所がアイロン台にくっつくので注意してください。

つばの1枚だけ固めの接着芯(イメージとしては網戸くらいの張りのもの)を貼ってください

接着芯を布の裏に貼ってください。

型紙の印の所に穴を開けたところから下に印をつけてください

印をつけたところの縫い代を7〜8o程度切込みを入れてください。

これでペンの印が消えても問題ありません

マスキングテープに番号を書いておくと間違えにくいですよ
硬い接着芯をつけたつばにしつけ糸で3〜4針縫って印をつけてください。

完成したら抜くので玉止めは不要です


つばを表が内側になるように半分に折って縫ってください。
縫い代はアイロンで広げてください。
つば2枚を表同士が内側になるように重ねて外側の縫い代を縫ってください


縫い代を5mmになるように切ってください。

表側にひっくり返して端から5〜10mm位の所を縫ってください。
つばに意図で印をつけた方を上にして、つばの内側の端から5mmの所を縫ってください。

つばは図のように縫い代が帽子の内側に折り曲がるので、布の厚み分ズレがしょうじます。

そのため外側の辺を折り曲げた状態で縫うと適切な生地のズレを入れた状態で縫うことが出来ます

前と後は一回折り

横側はさらに巻き上げるので、三つ折にして縫ってください。

縫い目があるのが後です

横の部分を縫ってください

前と後の横のパーツを表が内側になるように重ねてください
縫い代はアイロンで左右に広げてください。

縫い代の上にバイアステープを重ねて、両端を縫ってください。

バイアステープの裏に熱接着の両面テープを貼っておくとピンを刺さなくていいので作業がしやすいですよ。

熱接着の両面テープ
てっぺんと横のパーツを表が内側になるように合わせてピンを刺してください。

その後出来上がり線の2〜3mmはなれた所を1cm位の幅で手縫いしてください。
手縫いしたらピンは抜いてください。

ミシンで縫ってください。
頭のてっぺん(トップクラウン)のところは丸底ポーチの底の縫い方が参考になると思います
3:26あたりから
縫い代を5mmに切ってください。
アイロンで縫い代を広げた後、バイアステープを重ねてください。

両端を縫ってください。

横側の表と、しつけで印をつけたほうのつばが合うように重ねて印同士を合わせてピンを刺してください。

出来上がり線(ミシンで縫うところ)より2〜3mmはなれたところを手縫いで縫ってください。

つばの縫い代に切込みを入れてください。

入れないと後で引きつってしまいます。


縫い代にバイアステープか、市販のサイズテープというテープを縫い付けてください。

帽子本体を縫わないように気をつけて縫い代だけに縫い付けてください。

バイアス(サイズテープ)を帽子の中に入れてください。

中でシワにならないように気をつけて、つばとの境目から5mmの所を縫ってください

カウボーイハットのように紐を通したい場合は赤い部分に両面ハトメをつけて紐を通してください。

実際鏡を見ながら青い所辺りににスナップボタンや、糸でつばを固定してください



ウエスタンハット、テンガロンハット、ソフトハットが作れる型紙

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画 洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト