手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 部分縫い > パフつき姫そでの作り方

パフつき姫そでの縫い方。

Translate

が裏は接着芯

ストレートのそでの縫い方はこちら

折り返しのカフスの縫い方



布印刷
Contrado.jp

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


ギャザーの縫い方

そでの準備

そでを縫う

そでを身頃につける

この型紙のそで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

そで山にギャザーを寄せると右側のように立体的なそでになります。

パフ部分の上下にギャザーを寄せてください。
左右を間違えないように、注意してください。

表を上にしたベースのそでの上に、パフ部分を裏返し、しかも上下逆に置いてください。

中心に多めに、両端は5、6cmはギャザーを寄せずに調節して縮めてください。

縫ってください。

裏返ったパフ部分を起こし、そで山に重ねてください。

パフ部分をギャザーで調節し、同じ長さにする。

そで山の端から5mmの所を縫ってください。

縦半分に折って端を縫ってください。
姫そで部分を表側が内側になるように折って縫ってください。
ベースそでの上に姫そでを表側同士が内側になるように重ねてください。
姫そでを下におろしてください。

縫い代は上側に折ってください。
縫い目から5mmのところを縫って縫い代を固定してください。

腕を通してみて長さを確認してください。

そで口は自分の袖丈に合わせてアイロンで内側へ折り目をつけておくと綺麗に縫えますよ!

そでは表側が見えるようにひっくり返してください。

裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。

脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください

手縫いで端から7mmくらいのところを縫ってください
縫ったら待ち針ははずしてください。

全部を手縫いで作る場合はここは省略してください

端から1cmの所を縫ってください。

縫い終わったら仕付け糸ははずしてください

←横から見頃(胴部分)は裏返してそでは表にひっくり返してください。

見頃の中にそでを入れてください。

肩と、脇を最初にあわせてまち針でとめていきます

縫う場所より2〜3ミリ横を仕付け糸を使い縫っておくと、ミシンで縫う時に針を折る心配がなくていいよ!

しつけ縫いをしたらミシンで縫ってください。


パフ部分が切り替えになっている場合はこちら

ジゴスリーブ(長袖パフスリーブ)の縫い方


プリンセスラインのワンピース 後ファスナー開き
ジゴスリーブ(長袖パフスリーブ)の作り方

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画
関連ページ

テロテロした生地の裁断方法

接着芯がくっついた

★★★★★★★★★★★★★★
洋裁動画
関連動画

ほつれどめの仕方

そでのつけ方

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト