手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 折り返しタイプのカフスの縫い方


折り返しタイプのカフスの作り方
初めての場合は布きれで一回練習してからやった方が良いと思います。
案ずるより産むが易し、意外と簡単です。

Translate

このような衣装の袖口のカフス(折り返し)の縫い方


布印刷
Contrado.jp

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


二つ折りして両端を合わせて縫う。

縫い代を左右に折ってください。

間にフリルをはさみたい時は同じようにレースやフリルもわっかにする。

表に見える方のカフスのフリルを付けたい側に、裏を上にしてフリル等を重ねてください。

端から0.5cmの所を縫ってください。

内側同士が表になるように2枚のカフスを重ねてください。
上側を縫ってください。
カフスを表替えして、折り返した側の端から0.5cmの所を縫ってください。
カフスの上側にバイアステープを付ける場合は、この時点で付けてください。
表面が表になるように、そのまま袖の中にカフスを入れてください。
袖口とカフスの口を縫い合わせてください。
カフスを袖の中から引っ張り出し表側にかえしてください。
袖口をカフスが戻らないように端から0.5cm〜1cmくらいのところを縫ってください。
←横から ↓正面から見た所
見頃(胴部分)は裏返してそでは表にひっくり返してください。

見頃の中にそでを入れてください。

肩と、脇を最初にあわせてまち針でとめてください。

縫う場所より2〜3ミリ横を仕付け糸を使い縫っておくと、ミシンで縫う時に針を折る心配がなくていいよ!

しつけ縫いをしたらミシンで縫ってください。


関連ページ

テロテロした生地の裁断方法

接着芯がくっついた

★★★★★★★★★★★★★★


関連動画

コンシールファスナーの付け方

ほつれどめの仕方

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト