手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 小物 >


房の作り方
translate


1 まず紐を、房の出来上がりの長さの3倍程度用意し、半分に折ります



ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い

布印刷
洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


2 半分に折ったら、まず房の持ち手というか、総をぶら下げるわっかを作ります。
折ったところから希望の長さのところで、縄跳びをのなわを片付ける時に結ぶような結び方で結び目を作ります。

これが一番簡単で解け難いような気がするので、私はこれで結んでます。

3 次に房本体を作ります。
何でもいいので、出来上がりの房と同じか、すこし大きいくらいの物に、紐を巻きつけます。

巻きつける回数は、人によってイメージするボリュームが違うと思うので、好みに応じて増減して下さい。

4 2で作った持ち手で房本体を結びます。
結ぶ時まだ房の下は切らないように。
分かりやすく色を変えてみる。
運動会とかのポンポンを作る感覚でOKです。
ここでの縛り方は、普通のかた結びで大丈夫だと思います。
この持ち手の紐はながいままでOK、短く切ると、間から、短いのがぴょこんと出てくるとおかしいので、長くして、他の房の紐と同じ長さに切った方が目立たないです。
お好みの場所で、同じ紐、もしくは、細い糸で房が解けないように何週かぐるぐる縛ります。
  房の紐の長さが均等になるよう切りそろえれば出来上がり。
紐の先についた房の作り方

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画 洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト