手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 
見返しの応用
ティッシュカバーの取り出し口、タオルストッカーの見え窓等、色々応用がききます。

translate

  1 見返しを作る

開けたい穴より上下左右2センチほど大きめな布を用意します。
裏には接着芯を貼っておく
そしてまわりをほつれ止めをしておく。




ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


2 見返しをつける

穴をあけたい部分に、1の見返しを中表(内側同士が表になるように)置く。
出来上がりの寸法で見返しの中を縫う。

3 余分を切り取る

1cm縫い代を残し、中を切り取り、四隅に切込みを入れる。

4 裏に返す。

見返しを裏にひっくりかえし、
出来ればアイロンをかけておくと縫いやすいです。

5 ステッチを入れる。

大体2〜3mmのところを押さえの為に縫う。
物によってはもう一本縫っても良い。
キルティング等の厚い布は5ミリくらいの所を縫ったほうが良いかも。

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト