【おさいほう】バルーンスカートの縫い方

コンシールファスナーの縫い方


コンシールファスナーをつけるとき
丸まってるムシ(レール部分)をおこして縫うのですが
なれてないと戻ってムシの上を縫っちゃったという人もいると思います
アイロンを中温にして
裏からアイロンをかけると
ムシが起き上がって縫いやすくなります。


https://yousai.net/nui/fasuna/akidomari_s.jpg

ファスナーをつけるための仮止めをします

この部分はあとでほどくので、ミシンの縫い目の長さを長くしてください。

ミシンで縫う場合は、縫い目の長さを長くして、返し縫いせずに上からあきどまりまで縫う。

返し縫い= 縫いはじめと終わりなど縫ったところがほどけて欲しくないところを2~3針往復縫いすること

慣れていない人はここを縫わないと縫いずれて写真のようになってしまうので注意。


縫ったら、縫い目の長さを2~3mmに戻し、アイロンで縫い代を左右に広げる。

洋裁用語で割るといいます


https://yousai.net/nui/jacket/hosomi/hosomi13.jpg

あれば熱接着の両面テープをファスナーの表面に貼る。


裏を上にして生地を置く。
熱接着の両面テープのはくり紙をはがしてください。
縫い代の上に、裏を上にしたファスナーを置く。
アイロンで固定する。


熱接着の両面テープが無い場合

なければ手縫いで2cmくらいの大きい縫い目でしつけ糸でファスナーと、縫い代だけを開きどまりの所まで大雑把に縫う。


https://yousai.net/nui/fasuna/itokiri2.jpg

糸きりハサミやリッパーで2番目に縫ったファスナーをつける部分の糸をほどいてください。



ミシンの押さえをコンシールファスナー押さえに替えてください。
このコンシールファスナー押さえは一般的な家庭用ミシンであれば数百円で購入ができます。

最近は付属のものもあります。

お洋服を作る人は1つ持っておくと便利ですよ。

左側は軸から替えるタイプ、右は後のボタン押して押さえを交換するタイプ用

コンシールファスナー押さえはこのように裏側に溝が入っています。


この溝にファスナーのムシ(レール部分)を入れて縫うと、ファスナーのムシのそばギリギリを縫うことができます
そして開きどまりまで縫う。

これでファスナー付け完成です

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。

ファンになってうさこを応援する