【おさいほう】バルーンスカートの縫い方

コンシールファスナーの縫い方


コンシールファスナーをつけるとき
丸まってるムシ(レール部分)をおこして縫うのですが
なれてないと戻ってムシの上を縫っちゃったという人もいると思います
アイロンを中温にして
裏からアイロンをかけると
ムシが起き上がって縫いやすくなります。


https://yousai.net/nui/fasuna/akidomari_s.jpg

ファスナーをつけるための仮止めをします

この部分はあとでほどくので、ミシンの縫い目の長さを長くしてください。

ミシンで縫う場合は、縫い目の長さを長くして、返し縫いせずに上からあきどまりまで縫う。

返し縫い= 縫いはじめと終わりなど縫ったところがほどけて欲しくないところを2~3針往復縫いすること

慣れていない人はここを縫わないと縫いずれて写真のようになってしまうので注意。


縫ったら、縫い目の長さを2~3mmに戻し、アイロンで縫い代を左右に広げる。

洋裁用語で割るといいます


https://yousai.net/nui/jacket/hosomi/hosomi13.jpg

あれば熱接着の両面テープをファスナーの表面に貼る。


裏を上にして生地を置く。
熱接着の両面テープのはくり紙をはがしてください。
縫い代の上に、裏を上にしたファスナーを置く。
アイロンで固定する。


熱接着の両面テープが無い場合

なければ手縫いで2cmくらいの大きい縫い目でしつけ糸でファスナーと、縫い代だけを開きどまりの所まで大雑把に縫う。


https://yousai.net/nui/fasuna/itokiri2.jpg

糸きりハサミやリッパーで2番目に縫ったファスナーをつける部分の糸をほどいてください。



ミシンの押さえをコンシールファスナー押さえに替えてください。
このコンシールファスナー押さえは一般的な家庭用ミシンであれば数百円で購入ができます。

最近は付属のものもあります。

お洋服を作る人は1つ持っておくと便利ですよ。

左側は軸から替えるタイプ、右は後のボタン押して押さえを交換するタイプ用

コンシールファスナー押さえはこのように裏側に溝が入っています。


この溝にファスナーのムシ(レール部分)を入れて縫うと、ファスナーのムシのそばギリギリを縫うことができます
そして開きどまりまで縫う。

これでファスナー付け完成です