初心者でも簡単まっすぐ縫うだけで作れるトートバッグ

脇と底を縫う


裏側が見えるように半分に折る。横と底を端から1cmの所を縫う。

底を作る


底の角を両方を反対方向に横へ引っ張る。横の縫い目と底の縫い目を合わせて待ち針を止めてください。


底を端から1cmのところを縫う

この型紙で作りました トートバッグの型紙

・こんな生地がオススメです


帆布(キャンバス地)

一般的なトートバッグで一番人気の厚手の綿生地。丈夫でしっかりした生地です


ゴブラン織りの生地
上の左の写真の生地です。


キルティングの生地
中身を凍らせたり、夏場冷たい飲み物を外に持っていくと結露が付いて、濡れてしまいやすいので
キルティング等で水分を吸い取るタイプを作るのもいいですね。

レザー メンズのトートバッグなどに人気ですね
あまり厚すぎると縫えない家庭用ミシンもありますので注意してください。
ポリウレタンの合皮の場合、ポリウレタンの寿命は3~5年程度です。

このつくり方や型紙を使用して自分で作ったものを、自身のオリジナルブランドの商品として通販やショップ、フリーマーケットなどで販売しても構いません。
ご自由にどうぞ♪