裏地つきの背中にファスナーのあるワンピースを縫う方法

つくり方 編集中

  

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

ノースリーブのワンピース型紙 レディース
A4プリンターで印刷して使えるダウンロード版はこちら※印刷済みとダウンロードの型紙はショップが別になります。(どちらもうさこのショップです) サイズボタンを押すとそのサイズのダウンロード版…

中央と脇のパーツを縫う

中央と脇を表同士が内側になるように重ねる。
1cmの幅で縫う。
縫い終わったら縫い代をアイロンで左右に折る。


中央の部品と脇の部品のところは縫う場所と縫い代の端の長さが異なるので、端を合わせると長さが合いません。
そこで合わせるのは端ではなく出来上がり線をあわせます。
脇の縫い代は出来上がり線より長いので図のように少し浮きますが浮くのが正解です。
待ち針を深く刺すと引きつったり縫うときに余計な部分を縫い込んだりしやすいので、出来上がり線の上を1~2mm刺すと縫いやすくなります。

まっすぐ縫う方法


例 ピンク(出来上がり線)の長さは等しい。
青(縫い代の端)はピンクの線に比べ、前中央側は短く、脇側は長くなる。

後中心を縫う


後身頃(胴体)を表同士が内側になるように重ねる。
すそからファスナーのつける所の境目まで縫う。
ピンクの印のところを開きどまりといいます。
首から開きどまりまでミシンの縫い目の長さを3mmくらいにして、返し縫いをせずに縫う(ここはあとで糸を抜きます)

縫い代にアイロンをかけ左右に折る。

ファスナーを付ける


後中心にファスナーをつける。

コンシールファスナーの縫い方


コンシールファスナーをつけるとき
丸まってるムシ(レール部分)をおこして縫うのですが
なれてないと戻ってムシの上を縫っちゃったという人もいると思います
アイロンを中温にして
裏からアイロンをかけると
ムシが起き上がって縫いやすくなります。

普通のファスナーにしたい場合はこちら