裏地つきの背中にファスナーのあるワンピースを縫う方法

つくり方 編集中

  

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

ノースリーブのワンピース型紙 レディース
A4プリンターで印刷して使えるダウンロード版はこちら※印刷済みとダウンロードの型紙はショップが別になります。(どちらもうさこのショップです) サイズボタンを押すとそのサイズのダウンロード版…

中央と脇のパーツを縫う

中央と脇を表同士が内側になるように重ねる。
1cmの幅で縫う。
縫い終わったら縫い代をアイロンで左右に折る。


中央の部品と脇の部品のところは縫う場所と縫い代の端の長さが異なるので、端を合わせると長さが合いません。
そこで合わせるのは端ではなく出来上がり線をあわせます。
脇の縫い代は出来上がり線より長いので図のように少し浮きますが浮くのが正解です。
待ち針を深く刺すと引きつったり縫うときに余計な部分を縫い込んだりしやすいので、出来上がり線の上を1~2mm刺すと縫いやすくなります。

まっすぐ縫う方法


例 ピンク(出来上がり線)の長さは等しい。
青(縫い代の端)はピンクの線に比べ、前中央側は短く、脇側は長くなる。

後中心を縫う


後身頃(胴体)を表同士が内側になるように重ねる。
すそからファスナーのつける所の境目まで縫う。
ピンクの印のところを開きどまりといいます。
首から開きどまりまでミシンの縫い目の長さを3mmくらいにして、返し縫いをせずに縫う(ここはあとで糸を抜きます)


縫い代にアイロンをかけ左右に折る。

ファスナーを付ける


後中心にファスナーをつける。

コンシールファスナーの縫い方


コンシールファスナーをつけるとき
丸まってるムシ(レール部分)をおこして縫うのですが
なれてないと戻ってムシの上を縫っちゃったという人もいると思います
アイロンを中温にして
裏からアイロンをかけると
ムシが起き上がって縫いやすくなります。

普通のファスナーにしたい場合はこちら

肩と脇を縫う


前後の胴体(見頃)を表が内側になるように重ねる。
前後の肩と脇を縫う。
縫い代にアイロンをかけ左右に折る。

裏地について

この画像はイメージです。
この衣装にこの形の型紙はありません
これ以外にも、似たようなほかの説明図を使いまわすことがあります。

洋裁工房の型紙の裏地は表地よりあらかじめ大きくしてあります。
どうしても裏地はテロテロしているので、綺麗に裁断したつもりでもずれが出て小さくなっていたりします。
市販の型紙の場合裏地を取るときは、5mmくらい大きめにとっておくとあとが楽です。
大きい分を調節することは簡単ですが、小さいものを大きくするのは難しいので、裏地だけはちょっと余裕を持っておくと綺麗に仕上がる。


裏地も前中心と前脇を縫う。
後中心と後脇も縫う。

裏地を調節する方法。

1センチのところを縫う。



1.5cmのところでアイロンで折る。
アイロンの温度は中~低温に設定する。
温度が高いと素材によっては縮んだり、引きつったりすることがあります。


ゆるみ分の折り目を広げないように作業を続ける。(図は)
市販の裏地のついた洋服を見てみると、同様に折り目をつけて裏地に余裕を持たせているのを見ることが出来ますよ。
表地より裏地の余裕が少ないと、表が突っ張ったような感じになりますので、裏は多少ゆとりがあったほうが綺麗に仕上がる。
この折り目に余裕を持たせることを「きせをかける」といいます。
きせの幅はきっちりはからなくてもよい。
特に裏地は裁断している端からずれやすいので縫い合わせる相手の場所にあう長さになるように臨機応変に調整する。

見返しとスカートを縫う


見返しと下の裏地を縫う。
表同士が 内側になるように重ねて縫う。

裏地の後中心を縫う


後ろ中心を表同士が内側になるように重ねて1.5㎝幅で縫う。
えりの上に見返しを重ねる。
ファスナーから3~5mm隙間が開くように見返しの端を裏へ折る。
折ったまま縫う。
えりの縫い代のカーブの所は切込みを忘れずに入れてください。
切込みを入れず見返しをを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)
縫い目を切らないように気をつけてね。


見返しを上に向かって折る。
ファスナーを裏に折る。



見返しを裏へかかぶせる。
アイロンをかけて形を固定する。


えりの端から5mmの所を縫って見返しを固定する。
裏返して見返しを手縫いでまつり縫いをしてください。

そでを縫う


この型紙のそで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

そで山にギャザーを寄せると右側のように立体的なそでになる。

そで付けを画像でゆっくり見たい方はこちら

実は簡単!基本的な1枚のそでの縫い付け方【おさいほう】
立体的で一見難しそうに見えるそで。実はシンプルなそでは1枚で出来ているんです。 真似するだけで服が作れちゃう!お洋服の作り方です

ギャザーの縫い方

そでの準備

そでを身頃につける

すそを縫う

すそを縫う。
すそをあげるときスカートのすそがカーブしていると、カーブの弧は内側と外側では長さが異なるので、折りあげた時端がだぶついてしまいます。
そのため、すそから5mm位の所にギャザーを寄せて大きなしわが入らない程度に縮めながら、アイロンで縫い代を折って行きます。
アイロンで折り目を付けてからミシンで縫う。


アイロンで2cm裏へ折る。
すそをあげるときスカートのすそがカーブしていると、カーブの弧は内側と外側では長さが異なるので、折りあげた時端がだぶついてしまいます。
すその縫い代の2倍の幅の所に印をつける。

すそ上げを画像で詳しく見たい場合はここ↓

【おさいほう】綺麗に裾上げをする方法
スカートやズボンを縫おうとするとしわが入ったりよじれたりします。 それを簡単に綺麗に縫う方法です

スプリングホックをつける

ゆっくり画像で見たい場合はこちら

ちょっとしたコツで簡単キレイにスプリングホックを付ける方法
スカートやズボンについているカギホックや、ワンピースの首の後ろなどによく使われているスプリングホックの縫い方です。 新しく服を作るときや、古くなって糸がほどけてきたスナップボタンの付け直しなどにお役に立つとおもいます。

仕上げに縫い代にしっかりアイロンをかけて完成です。
仕上げのアイロンはしわをのばすよりも、縫い代にしっかり折り目をつけることが重要です。

関連型紙

プリンセスラインのワンピース2の型紙

関連型紙

チャイナワンピースの型紙

胸切替のキャミソールの型紙

プリンセスラインのワンピース後ファスナータイプの型紙

ウエスト切り替えのギャザーワンピースの型紙

前ボタンのプリンセスラインのワンピースの型紙

ウエスト切り替えのワンピースの型紙
印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。