半円の外套・マントのつくり方 裏地なしバージョン

後からみた感じはこうなっています。

外套の型紙を見る

印刷用説明書ダウンロード

裏地をつけたい場合

半円の外套・マントのつくり方 裏地つきバージョン
後からみた感じはこうなっています。 外套の型紙を見る 裏地なしで作る場合 型紙...

型紙の線について


えりの外側の線で作ると女性用
内側の赤の線で作ると男性用になります

生地に向きがある場合

模様に向きがある生地や、別珍やベロアなど毛並みのある布の場合は型紙の水色の点線で型紙を切り、1cmの縫い代をつけて、前後に分けて作ると毛並みの向きをそろえやすいです

裏地

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ
表側  裏側

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

ほつれ止めの仕方

前中心

表を上にした前中心に裏が見えるように見返しを重ねる。
1㎝幅で縫う。
見返しのすその縫い代を2㎝幅で縫っておきます。
表返す時に角が厚くなるので、角の「縫い目から2mm離れた所を切り落とす。

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法



表側にひっくりかえして前中心を端から5mmの所を縫う。

両肩を1㎝幅で縫う。
イラストは片方だけですが実際は両方縫うね。

縫い代はうしろへ折る。

←裁縫用語で倒すと言います

後中心

2枚の身頃(胴体部分)を表同士が表になるように重ねて後中心(赤い線のところ)を1㎝幅で縫う。


縫い終わったら縫い代をアイロンで折る。

スリットを入れる場合は縫い代を左右に折って端から7mmのところを縫う。

すそ

すそにギャザーをよせる。


カーブは内側の弧と外側の弧では円周が異なりますよね?
一番外側の縫い代を織りあげると内側の方が、弧の長さが短い分、縫い代がダブついてしまうんですね。
そのため、このダブつきをギャザーを寄せて均等にならすのです。

布を均等に折る方法


糸調子を忘れず元に戻してください。
すそをあげてください。

えり


えりを縫う。

このような2つのパーツの型紙になります。
各2枚づつ裁断してください。
上側を表(上)衿、下の方を台(地)衿と呼びます。

シャツカラー 表えりのフチを縫う

シャツカラー 表えりを台えりにつける

シャツカラー7 仕上げ



台えりの裏側に隠れるほうの下側の縫い代をアイロンで2mmくらい狭く折る。

1cmの縫い代だったら8mmくらいで折る。



どちらが表から見えるえりか、裏に隠れるえりかわからなくなりやすいので、しつけ糸などで、裏に隠れる方のえりに印をつける。

衿(えり)を表が内側になるように二枚重ねる。
えり先のゆるみを作る。
このとき図Aのように「表に見えるほうのえり」(印の付いていない方)を2~3mm内側にずらしてまち針をさしてください。
しわが入らないように、目打ちなどでダブ付いた分を押しこむようにして縫う。

えりのゆるみを作る理由。

図1

 図2

このタイプのえりは図のように表に折り返すためのカーブと
首にそったカーブ(図1)がありますね?


外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなります。

なのでその分を補うために2~3mm表になるほう(外側に折り返すほう)を内側に入れ込んで、長さを調節しているのです。

これをしないと図3の右のえりのように引きつってえりの先がぴょこっとあがってしまうので注意が必要です。



1㎝幅で縫う。
※衿に縫い付ける所は縫わない。


表に返して5mmの所を縫う。


2枚の台衿で間に上衿を挟むようにして、重ね上の図のaとbの部分を縫う。

ちなみに先に折っておいた台えりは、表えりの見えるほうにあわせてください。




間にはさんだ上衿の両脇を縫いこまないようによける。

台衿の両サイドも1㎝幅で縫う。

台えりの端1.3㎜位は縫わずにあける。

表に返して赤い線の所を縫う。
(表えりと台えりの境から2~5mmのところ)
もしくはアイロンで形を整える。



えりの印と、えり首の前中心と肩と、後ろ中心を合わせて1㎝幅で縫う。
表に見える側の縫い代をよけてから、もう一方の台えりの縫い代をえりに縫う。


えりの中に、縫い代を入れ込んで、ピンでとめます。
その後手縫いで表に目立たないようにえりを閉じてください。


えりにボタンホールを開ける。

反対側にボタンをつける。

ボタンホールの開け方はミシンによって異なりますのでミシンの説明書をご覧いただくかジグザグ縫いで作るボタンホールを参考にしてください。

スナップボタンにしてもいいですね。

この型紙で作りました

外套(マント)の型紙

 改造用パーツ

いるもの

□ 表生地
□ 裏地
□ 接着芯 50cm~(布の幅による)
□ お好みでボタン、スナップボタン
□ 生地の色にあった糸

このデザインに使いやすい生地

●光沢が欲しい場合

ポリエステルサテン
幅が広く軽いのでおすすめです

●光沢が無い方がいい場合

ポリエステルアムンゼン
肌触りが良く幅も広く、軽くてドレープが綺麗に出ます。

このデザインは布を多く使うのと、歩いたり何か動作した時にいかにさらりとなびくかがポイントなので、摩擦力の高い綿生地よりポリエステル等のサラサラした薄手を選ぶのがポイントです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。

ファンになってうさこを応援する