パフスリーブ付きの付け袖の縫い方。

そで付のゴムパフスリーブを作る

長袖



A=紙を腕に巻いて希望のボリュームになるように鏡で確認して長さを決める。 。


同じように鏡を見ながら

B=実際の直線のそでの丈(赤線)

C=膨らんだときの希望のボリュームの長さ(ピンクの線)

D=二の腕の太さ


E=Dからそで口までの長さ

F=手の一番太いところ

をメジャーを体に当てて決める。

パフ部分を作る

パフ部分

横 A(作りたいボリューム)+2cm

縦 C+5cm

の長方形に切る。

上側を折って縫う

上側を2cm折って1.5cmのところを縫う。

ギャザーを寄せる

ギャザー縫いをする。

上から1.8cm、そこから下に0.5cmのところ
下は0.3cmずつ開けて縫う

ギャザーの縫い方

長そで部分

縦 E+4cm

横 D+7cm

の長方形に切った後

(D-F)÷2=G

斜めにG分切る

上を裏側へ2cm折る。

上から1.5cmのところを縫う。

上からB-1cmの所に線を引く。 引いた線に端を折ってないほうの端を合わせる。

ギャザー縫いの糸を引っ張って同じ長さになるように縮る。

端から1cmのところを縫う。

パフ部分を上側に折る。

ギャザーを寄せたところを出来るだけ長袖の上端に合わせて縫う。

慣れてない人は手縫いするのがいいと思います

ゴムをDcm(二の腕の太さ)で切る

ゴムを通してください。
端を1㎝出した状態で端から5mmのところを縫ってゴムが抜けないようにしてください。
反対側の端は、紐通しをはずして3~4cm出した状態で端から5mmのところを縫う。

このゴムをはみ出させるのが縫いやすくするコツです。

はみ出したゴムを切る。

半分に折って1cmのところを縫う。