【おさいほう】キレイな角の出し方【動画】

シャツのえりやすそ、袋物の角をキレイに出したいですよね。

でも先が丸くなったり、とがったもので引っ張り出したらほつれてきたりした方も少なくないはず。

目打ちや針などを使わずに角をきれいに出す方法です

角度が細い角をひっくり返す方法

襟の先をひっくり返した時先がふくらんだり、台形みたいになったりして困っていませんか?

角を綺麗にだすには中の縫い代を、綺麗に整えるのが大事なんです。

一般的に知られているのは襟の先を斜めに切る方法です。

これだと直角などの角の角度の大きいものは比較的綺麗に行きます。

ただし角度のきつい襟だと先の方が中に縫い代が収まりきれずにパンパンに膨らんで困った方いると思います。

また襟の角を縫うと縫い目が飛んだりしませんか?

中の縫い代の収まりを良くするためには、斜めに切る角度を変えて、縫い代の斜めの長さをながくするんです。

すると畳んだ時に襟の縫い代の重なりが最小限になって落ち着くんですよ!

一つ前の切り方で縫い目が飛ぶ原因。

それは生地の厚いところから薄いところに向かって縫うとミシンは縫い目が飛びやすいです。

例えばズボンの裾(すそ)の脇の縫い代の所とかよく目が飛ぶのですが、それも原因は同じです

ですがこのように斜めに切れば重なりが減って厚みも減るので目飛びしにくくなるんですね!

さらに綺麗にするには1cmの縫い代を5mmに切ってください。

ここまではよく聞くと思います。

さらに手縫いでしつけ糸で印をつけた側の襟の縫い代を3mmにしてください。

こうすると縫い代の端がずれるのでアイロンをかけた時中の縫い代の形が、少し目立ちにくくなります。

あまり縫い代を細く切りすぎると繊維がほぐれて破れてしまうので辺は3mm、角は2mm縫い代を残してください。

ひっくり返したら目打ちなどで引っ張り出そうとすると端がほぐれてしまうことがあります。

角は無理やり引っ張っても綺麗になりません。

中の縫い代を整えるのが重要なので、目打ちなどで中の縫い代を綺麗に広げるように整えてください。

そして角の両方の辺を角と逆側に引っ張ってください。

すると狭いところでギュウギュウ詰になっていた縫い代の乱れが引っ張られて整えやすくなります

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー