収納について

小物などの収納

どんな風に道具を収納しているのかたまに聞かれるのでまとめてみました


窓じゃない壁に二連のカーテンレールをつけて、そこにワイヤーネットをつるして小物を収納
普段は横に見えるレンガの壁紙を貼った撮影用背景板の裏に隠れてます。

リボンやテープ類の収納

網状になった書類ケースに棒を通しただけ。
これだけで引き出すときにテープがねじれなくなるので作業効率が上がります。
大きい巻きのものは柔らかいカゴを使用するとやわらかいので幅を調節できるので便利です。

裁縫道具箱

プラスチックの3段の工具箱を使っています。
現在はこの写真より少し大きいものを使っています
お教室で生徒さんに貸し出せるよう色々詰め込んでいるのでパンパンです

糸の収納


ホームセンターにある3段の引き出しに入れています。

型紙


以前はA4封筒にデザイン名と出来上がりの形を描いて入れてました クリアファイルだと横からこぼれ落ちることがあるし
本状のクリアファイルは破れたり厚みが増すので 私は封筒が使いやすかったです。
でも私の場合自分でPCで型紙を作っているので、最近はいつでも印刷できるので
つかったら廃棄しています。
試作作るのは清書前の型紙なので、そのあと必ず修正を行ったりしますからね~。

最近は道具や生地が増えすぎてあふれかえっています。
もう物理的に収納場所がありません。
劣化しているレザーとか廃棄して場所を作らねばなりません

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー