【ミシンの使い方】生地が進まない トラブルにおけるよくある質問と回答

対処法

  1. 端から縫い始めると食い込みやすいので少し内側から縫って下さい。
  2. 薄かったり柔らかかったりする生地の場合下に紙等をしいてください。
  3. 縫い目の長さ調整の数値が小さすぎないか確認してください。
  4. 隠れる位置の縫い代を切り落として薄くしてください。
  5. 厚みのある生地の場合後か横に紙や布をたたんで、押さえ金が出来るだけ水平になるようにしてください。
  6. 押えの圧力が調整できるものは押えの圧力調整の機器を弱くしてください。
  7. 針板と送り歯の間にごみがたまっていないか確認してたまっていたら取り除いてください。
  8. 合皮やラミネート加工の生地等の場合摩擦が強くて進まないのでシリコンを塗布してください
  9. ドロップフィールドを確認して下がっていたら上げてください。
原因
端を縫いすぎ。

端から縫うと食い込みやすいので右のように1cmくらい内側から針を下ろしてバックして戻り、縫い始めるといいですよ。

そのとき場所によっては必ずしも端まで縫い戻らないといけないわけではなかったりするので、0.5cm手前まで戻って縫いすすめれば食い込みにくくなります。

生地が柔らかすぎて針に押し込まれている

薄かったり柔らかかったりする生地の場合下に紙等をしいてください。
シャツや先のとがった所を縫うときにくいこんだりする時は端を縫いすぎなので5mmほど内側を縫うとくいこみにくくなるよ
ドールの服のようにあまり内側を縫うと野暮ったくなる場合は
角の手前で下に紙を敷いて一緒に縫うと穴に落ちにくいです

食い込んでいる。

漫画 ミシンの縫い始めの糸のグチャグチャの回避方法

×

生地の端の縫いはじめや、薄い生地の端を縫う時、針が生地を針穴から下に押し込んでしまい食い込む事があります。

布端の縫い始めの仕方をご参照下さい。

なお、食い込んでしまった場合は、針板についているネジを外せば針板が簡単に取れると思うので(一部を除く)外してから、生地をきらないよう糸を切ってください。

左の図のように糸を押さえ金の下をくぐらせずに縫い始めると、縫い始め裏側がグシャグシャになってからみやすくなります。 →くいこみやすくなります

下側のようにしっかりミシンの押さえ金の下をくぐらせてね。

縫い目の長さが小さすぎる。

縫い目の長さの値が小さくなっていないか確認してください。
通常2~3mmが適当です。
厚い生地ほど縫い目の長さを大きくしてください。
当然縫い目の長さが「0」だと進みません。
調節の方法はミシンによって違います。
だいたいミシンの調整する場所に分かるような画像とか文字が書いてあると思います。

押さえが斜めになっている

押さえが斜めになっているとしっかり布をはさめないのと押え自体が壁になってしまうので紙や布を折りたたんで布と同じ高さにして押さえの下にはさんでください。

送り歯が下がっている。

押さえを上げた状態で、手動でミシンを動かして、針板より送り歯が上に上がってきているか確認する。
上がっていないようであれば、取扱説明書を確認して送り歯を上げてください
(メーカーによって上げ方が違うので)

だいたい表側だと赤い丸の位置、あと裏側にあったりするよ。

関連情報

【ミシンの使い方】針が折れる トラブルにおけるよくある質問と回答
針が折れたー!ミシンが壊れた~という方がいらっしゃいますが針折れは故障のうちにはいりませんよ~
【ミシンの使い方】生地が進まない トラブルにおけるよくある質問と回答
対処法 端から縫い始めると食い込みやすいので少し内側から縫って下さい。 薄かったり柔らかかったりする生地の場合下...
【ミシンの使い方】生地の裏がボロボロになる トラブルにおけるよくある質問と回答
厚い生地を縫ったとき裏返したときボロボロになっていたり 下の送り歯のあとが残ったりしますよね そのときの対処法です
【ミシンの使い方】縫い目にシワがよる トラブルにおけるよくある質問と回答
縫い目に微妙にシワがはいると見栄えが悪いですよね。そんなときの対処法です
【ミシンの使い方】縫い目が飛ぶ 所々縫い目が大きくなる
部分的に縫い目が飛んで均等に縫えない状態を直す方法
【ミシンの使い方】糸が切れる トラブルにおけるよくある質問と回答
なんだかミシンの機嫌が悪い!縫っていると何度も糸が切れる。そんなときの調子のなおし方です
【ミシンの使い方】下糸が強くてぐちゃぐちゃにからむ トラブルにおけるよくある質問と回答
縫った後裏をひっくり返したらぐちゃぐちゃに絡んでる!?どうやってなおしたらいいの?そんなときの原因と対処法です
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする