ミシンの選び方 必要な機能からミシンを選ぼう

ミシンの質問でよく聞くナゼナニどうして?

1~3万のミシンっておもちゃってほんと?

ミシンを使っている人やミシン屋さんから1~3万円のミシンはおもちゃだよっていう話を聞いたことがある人もいるとおもいます。 それって本当なの?

答えはNO

何故なら、その人の使う頻度や、作ろうとしているものによっては2~3万ので充分だったりするからです。

1~3万のミシンの中でも実際おもちゃのようなものもあります。

しかし中には新品だけど、旧機種になった為定価の半額(以下)になっている ものもあります。

実際私うさこは生徒さんがお持ちになる激安ミシンでの使い方や縫い方の指導もしているので
安いミシンでもある程度機能のあるものであれば洋服を作ることは可能です

ただし「縫えるミシン」
「縫いやすいミシン」は別物です!

なので、貴方の使用の頻度、目的、技術を充分理解したうえでミシンをお求めになるとよいと思います。

ちなみに、「1~3万のミシンじゃぞうきんも縫えませんよ」という話を聞いたことがある人もいるとおもいます

実は縫えるんですよ → パワーのないミシンでも雑巾を縫う方法

ただし、全てのミシンで縫えるわけではありません。
とりあえず細い電源コードのミシンはパワーが弱いものが多いので、電源コードがテレビの電源コードくらいの太さのものを選ぶのが最低限の目安になると思います。

工業用ミシンが一番使いやすいの?

実際に仕事で使っていた感想をいいますと、こちらもNOです。

例えるなら工業用ミシンは大型バスです。
家庭用ミシンは軽自動車だと思ってください。

工業用ミシンは同じものを何百枚、何千枚と縫うのに適したミシンです。
だから小回りがきかないんです。

直線だけですから、布がほつれてこないようにするためにロックミシンというほつれ止めのミシンが別途必要になります。

そこまではまっていない、仕事で使うわけではないのであれば家庭用ミシンを選ばれたほうがいいと思います。

私が最近のミシンはね~とか、家庭用ミシンはね~という方々の言葉で不思議に思ったのが、

「糸目がまっすぐじゃない」
「はしかがり(ほつれどめ)が綺麗に出来ないのよ」

ということばです。

この言葉、別に仕事で縫っている人からの言葉ではないのです。

よ~くみると、ミシンの縫い目は微妙にミの字になっています。 これが気に入らないんですって。

でも2本の糸が絡んで縫い目を作ってるんだから、糸の太さ分ずれるのは当然です。

そして皆さん服を買うときそこまで縫い目を見ますか?

糸調整がピシッとあっていれば、微妙にミの字になっていてもほつれないし1mも離れれば全く分からないんですよ。

またほつれ止めが綺麗にできないから「職業用とロックミシン」を買わなきゃという人がいらっしゃいます。

でも、ほつれ止は布の端がほつれてこないように生地を包み込むというものであって、装飾ではないんです。

しかもだいたい裏にかくれるんです。

家庭用のジグザグミシンで処理したほつれ止めでも充分洗濯に耐えますよ。


↑普通の家庭用ミシンなら、ジグザグ縫いでほつれどめが出来ます。

実際私、仕立ての仕事するまでロックミシン持ってなかったのですが、それまでに作った服、何度も洗濯してますがほつれてません。

工業用が一番だとおっしゃる方は、

    • 本職で縫っている
    • ミシンの機能を使いこなしていない
    • その人が使っていた家庭用ミシンがハズレの機種だった

という方なのではないでしょうか?

本職で縫っている方は、一日何時間も使用して、ロックミシンも持っている方なので、当然本職向きのミシンは使い勝手がいいでしょう。

でも、趣味で縫っている方とは使用頻度も縫う内容も違ってますから、当てはまらないのです。

家庭用ミシンは使いこなせば、工業用よりすごい能力を持ってるんです。
私は初めてコンピューターミシンを見たとき、滅茶苦茶感動しました。

  • 糸掛け・糸調子の調整がメンドクサイ
  • 音がうるさい
  • 別の機能を使いたいときは、そのたびに違うミシンに移動しないといけない

という、それまで工業用ミシンに感じていた不満が全てクリアーされていたからです

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする