【ミシンの使い方】下糸が強くてぐちゃぐちゃにからむ トラブルにおけるよくある質問と回答

ミシンが壊れた~修理しなきゃ!という前にこのページの説明と比較してやり直してみてください。

ミシンが調子が悪い原因の大半は使い方間違いだったりします。

職業用も家庭用のコンピューターミシンも、電子ミシンも大体同じ方法で調子がよくなりますよ。

下の糸がぐちゃぐちゃになる

下糸がぐちゃぐちゃに絡んで綺麗に縫えないときの対処方法です

布の裏の糸がグチャグチャになる

対処法

上下の糸を一旦外してください

下糸の向きはPの向き

手前の引っかけるところに必ずかける

押さえをあげてください。

糸をかけなおしてください。糸かけが怪しい方は説明書を見直してください。

糸調子器の設定を「自動」もしくは設定の真ん中の値になっているか確認してください

原因

糸調子

ギャザー縫いをしたときなど、うっかり戻すのを忘れたり、よくわからなくて適当にいじってそのままになっている場合があります。
糸調子器はミシンによって形が違いますが最近の家庭用ミシンだと自動とか標準とか書かれているところにあわせればよいです。

コンピューターミシンは一番最初の位置にセンサーがついているものがあるので、説明書どおりしっかりかけてください

ボビン

←こちらが正解。糸がPの向きに出るようにしてください。

←この向きになっていたら間違いです。

糸かけ

釜(ボビンを入れるところ)の手前に糸を引っ掛ける切込みもしくは

金具があるのでそこに必ず引っ掛けてください。

上記のように引っかかっていないと糸調子がおかしくなります

上には糸調子器という器具があります(写真は職業用)
最近のミシンは表から見えないようになっています。
糸を挟み込んで一針ごとに必要な糸の量を調整するのですが、押さえを下げたとき閉じています。

なので押さえを下げた状態だと糸調整の器具に適正にかからないので、糸調子が聞かない状態になるので、必ず押えは上げて糸をかけてください。

糸画像提供 楽さん

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする