手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > スカートズボン >  タイツの縫い方

タイツの作り方!

translate

タイツの型紙



布印刷
Contrado.jp

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


よく伸びるニットの縫い方。

普通の縫い方だと糸が切れるので ニット用のレジロン糸を購入してください。

図のような三本線の柄を選択上糸の調子を強めにして縫ってください。

これだとかなりの伸縮でも耐えます。

あまり伸びないTシャツ生地だと右隣の雷状の伸縮縫いという機能が使えればこちらを使うといいですよ。

ニットの縫い方 ニットを使う場合は、伸びる生地なので縫っているとどんどん伸びたりずれたりして長さが合わなくなったり、べろべろに伸びたりします。

そこで細かい番手の紙やすりを帯状に切って、布と押えの間にはさむと、伸びやズレが減ります。

※一緒に縫わないように注意。
丈について。

型紙のピンクの(4)の数字の所が、かかとになります。

足先にかかれた長さは、またの下からかかとまでのサイズとなるそうです

生地が伸びることを考慮しての数字だそうですので、自分の股下に近い数値のものを選んで切って下さい

縫い方

表   裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。

くわしくは縫う前の下準備を参照

エッフェル スーパーストレッチミシン糸 50番 150m巻 タイツを作る時は伸びる糸を使用して縫ってください。

普通の糸で縫うと、生地を伸ばして着るときに糸が切れてしまいますので必ず←左のような伸びる糸をご使用ください。

表が内側同士になるように重ねてください。

ほつれ止めをしてください。

この3点ジグザグを選んでください。

2WAYの生地など、生地によってはほつれ止めしなくてもほつれにくい生地もあります。

 繋がった股の下同士を合わせてください。
上の図のピンクの線同士と黄緑の線同士を表同士が内側になるように重ねてください。

股の下を縫ってください。
ほつれやすい生地は、同じ所をほつれ止めしてください。

ウエスト部分を三つ折してください。

縫ってください。

ゴムを入れるために片脇を2〜3cmあけて置いてください。

縫う工程がとても少ないのでぜひ挑戦して見てくださいね!

どんな生地を買ったらいいのか分からない方へ

伸びる生地と書かれたものを選んでください。

伸縮の無い生地で作るときつくてはくことが出来なくなりますので必ずストレッチ(伸縮)のあるものを選んでくださいね。

伸縮にも色々あるのでよく伸びるとか、2WAYとか1WAYとか書かれたものを選ぶと間違いないです。


タイツの型紙

関連型紙

美脚パンツの型紙 細身のゴムパンツの型紙

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

[an error occurred while processing this directive]