手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > KIDSウエスト切り替えのワンピースの作り方

子供用のウエスト切り替えのワンピースの縫い方


ウエスト切り替えのワンピース100サイズ  改造用の型紙

translate

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏 
裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。


印刷用説明書ダウンロード




ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


布はしのほつれどめ

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

ギャザーの縫い方

スカートの上の部分にギャザーを寄せてください。
後スカートのファスナーを付ける位置から下を縫います

ピンクの印の所を「あきどまり」といいます。

表を上にしたスカートに後身頃を裏を上にして重ねてください。

縫い代は上側へ折ってください。


縫い代を身頃側に折って、表から縫い代を縫って固定してください。
コンシールファスナーの縫い方

普通のファスナーにしたい場合はこちら


この部分はあとでほどくので、ミシンの縫い目の長さを長くしてください。

あきどまりの印をつけたところからファスナーをつける部分の縫い代を縫ってください。

これを縫わないと縫いずれて写真のようになってしまうので注意。

縫ったら、縫い目の長さを2〜3mmに戻し、アイロンで縫い代を左右に広げてください。

縫い代を左右に折ることをお裁縫の用語で割るといいます

    あれば熱接着の両面テープをファスナーの表面に貼ってください。
裏を上にして生地を置いてください。
熱接着の両面テープのはくり紙をはがしてください。
縫い代の上に、裏を上にしたファスナーを置いてください。
アイロンで固定してください。
熱接着の両面テープが無い場合

なければ手縫いで2cmくらいの大きい縫い目でしつけ糸でファスナーと、縫い代だけを開きどまりの所まで大雑把に縫ってください。

糸きりハサミやリッパーで2番目に縫ったファスナーをつける部分の糸をほどいてください。
 
 ミシンの押さえをコンシールファスナー押さえに替えてください。
このコンシールファスナー押さえは一般的な家庭用ミシンであれば数百円で購入ができます。

最近は付属のものもあります。

お洋服を作る人は1つ持っておくと便利ですよ。

コンシールファスナー押さえはこのように裏側に溝が入っています。

この溝にファスナーのムシ(レール部分)を入れて縫うと、ファスナーのムシのそばギリギリを縫うことができます
そして開きどまりまで縫ってください。

これでファスナー付け完成です

前見頃を前スカートに合わせて縫ってください。
見頃を起こして縫い代を押さえるために表から縫ってください。

縫い代は上半身側に折ってください。

前見頃と後見頃を中表(表同士が内側になるように重ねること)にして肩と脇を縫います。


アイロンで縫い代を左右に折って広げておきます。

前の見返しの上に後の見返しを裏を上にして重ねる。

肩を縫ってください。(図は片方だけですが両方つけてくださいね)

ファスナーあきの上の見返しの縫い方
表を上にした身頃のえりの所にに見返しを裏にして重ねてください。
ファスナーから3〜5mm手前で折ってください。

縫い代を縫ってください。

えりの縫い代のカーブの所は切込みをいれてください。

切込みを入れずを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

縫い目を切らないように気をつけてね。

見返しを上へ折ってください。

ファスナーを縫い目の所から裏へ折って下さい。

見返しを内側へ折ってください。

端から5mmのところをミシンで縫ってください。
これで襟の形がすっきり綺麗になります。
ただ生地によってはシャープになりすぎるときは、赤い部分は縫わずにアイロンでえりの形をはっきりさせてください。

手縫いで見返しの端を縫ってください。
すそをあげてください。

すそをあげるときスカートのすそがカーブしていると、カーブの弧は内側と外側では長さが異なるので、折りあげた時端がだぶついてしまいます。

そのため、すそから5mm位の所にギャザーを寄せて大きなしわが入らない程度に縮めながら、アイロンで縫い代を折って行きます。

アイロンで折り目を付けてからミシンで縫ってください。

もっと詳しくはこちら

そでの準備

パフスリーブではないそでを縫いたい場合はこちら

そでを身頃につける

そで山とそで口にギャザーを寄せてください。
そで山にギャザーを寄せると右側のように立体的なそでになります。
そで底を縫ってください。
カフスをアイロンで折ってください。
1p幅で両端を折ってください。
さらに半分に折ってください
折ったところを広げてカフスの脇を縫ってください。
そで口のギャザーを縮めてカフスと同じ長さになるように調整してください 。
引っ張るのは下糸を引っ張ってください。
上糸を引っ張ると糸がしまってギャザーを寄せにくくなります。

表替えした袖に、裏返したカフスを重ね、赤い部分を縫ってください。

カフスをアイロンでつけた折り目どおりに折り返してください。

そで口とカフスの境目から5mmの所をミシンで縫ってください。

慣れていない場合はしつけ糸で境目から2〜3mmの所を手縫いしてから、ミシンをかけるといいよ。

お好みで袖口にレースやフリルをつけて下さい。

そでは表側が見えるようにひっくり返してください。

裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。

脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください

手縫いで端から7mmくらいのところを縫ってください
縫ったら待ち針ははずしてください。
端から1cmの所を縫ってください。

縫い終わったら仕付け糸ははずしてください

スプリングホックを付けてください。

スプリングホックの付け方

仕上げに縫い代にしっかりアイロンをかけて完成です。
仕上げのアイロンはしわをのばすよりも、縫い代にしっかり折り目をつけることが重要です。



ウエスト切り替えのワンピース100サイズ

必要な材料
表生地、コンシールファスナー60cmくらいのもの1本、接着芯少々、スプリングホック一組

オススメの生地
透けない色合いのシーチングや、ブロード、ツイルなど
かたすぎないものがおすすめです。

布の量の計算の仕方

改造用の型紙上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できます

 この白いえり 100サイズ

関連型紙

全円スカートのワンピースの型紙チャイナワンピースの型紙胸切替のキャミソールの型紙

プリンセスラインのワンピース後ファスナータイプの型紙 ウエスト切り替えのギャザーワンピースの型紙

前ボタンのプリンセスラインのワンピースの型紙

洋裁漫画 洋裁動画

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト