手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 部分縫い > 手縫い

手縫いでの布端の処理の仕方
translate

本ぐけ

えりつけなどに用いる方法で、折山の0.1センチ内側を両方同じ間隔で、表に出ないようにすくって閉じて行くやり方。
(ヌイグルミの最後の閉じなどに良く使われます)



今日買って明日届くキャラヌノ
キャラヌノ

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


縫い閉じたいところの縫い代をアイロンで折っておく


5mm〜1cmおきに縫い代を縫っていく。

三つ折りぐけ

布端を三つ折にし、折り山から0.1センチ内側を1センチ間隔でくける。
すくう時は布の繊維を1〜2本ぶんだけすくうようにして縫うと表から見ても目立ちません。

まつりぬい(流れまつり)

折り山を浅く(繊維1〜2本程度)すくって、1ミリ斜め先の布をすくいます。
折り山の内側をとおって裏になる方の5ミリ先から針を出し、また、1ミリ先の表を浅くすくう。コレの繰り返し。
 スカートの裾上げに良く使われます。
 フレアスカート等の場合は、ほつれ止めをして、二つ折りの状態でこのまつりをします。
縦まつり
縫い目が布の端に対して直角になるように縫ってください。

針を抜いた真上の下側の生地に針を刺してください。

同じ間隔を開けて針を出して抜くを繰り返してください





文部科学省委託事業「デジタルテレビ等を利用した番組活用・促進に関する調査研究」にて製作された映像コンテンツ

 

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画

・わって何?

・型紙が片身のわけ

・袖山とそでぐりの長さの違い

・霧吹きの水について

・接着芯がくっついた!

・テロテロした生地の裁断方法

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁動画

・ほつれどめの仕方

・手縫いでの裾の上げ方 まつり縫いの仕方


このサイトは手作り(洋裁)&ミシン好きのUSAKO(うさこ)が個人でコツコツ作っている洋裁支援ホームページです。

 なにぶんほぼすべて一人で作っているので、リクエストをいただいても、なかなかお答えできなかったりします

 しかしちまちま地道にコンテンツを増やしておりますので、気長にお付き合いください。

 なお更新情報に付きましては、メールマガジンにてお知らせしております。
 更新情報以外にも、ミシンやさんコラム、メルマガ限定の企画などありますのでよろしければ、ご登録ください。

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト