手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング  > 婦人用の燕尾服の作り方
translate

型紙で指定されたところの裏側に接着芯を貼っておく。

表生地はが裏

裏地はが裏
は接着芯
裏地が付くので、ほつれやすい生地でなければほつれ止めはしなくてもよい。


印刷用説明書ダウンロード


今日買って明日届くキャラヌノ
キャラヌノ

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


前身頃2種類あります。

幅が広いほうが前が重なるタイプ。

幅の狭いほうが前が重ならないタイプです。

すそに2種類あるのは丈の違いです。

型紙を体に当ててお好みの丈で作ってください。

ほつれ止めの仕方

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

裏地の後中心と後ろ脇を表側が内側になるように重ねてください。
1p幅で縫ってください。

縫い代はアイロンで後中心側へ折ってください。

このとき裏地は表地より大きめに裁断してありますので、縫い代を深めに折りたたんで同じ長さになるように調整してください。

これをお裁縫の用語で「キセ」といいます。

裏地などの薄い生地は縫い目の長さが長いと細かいしわが入ったりしやすいです。
ミシンで作る場合、縫い目の長さを2くらいの細かさにしてください。

また針が磨耗していると繊維を断ち切って伝線しやすいです。
そのため針は薄地用の新しいものに交換をオススメします

中央の部品と脇の部品のところは縫う場所と縫い代の端の長さが異なるので、端を合わせると長さが合いません。

そこで合わせるのは端ではなく出来上がり線をあわせます。

脇の縫い代は出来上がり線より長いので図のように少し浮きますが浮くのが正解です。

待ち針を深く刺すと引きつったり縫うときに余計な部分を縫い込んだりしやすいので、出来上がり線の上を1〜2mm刺すと縫いやすくなります。

例 ピンク(出来上がり線)の長さは等しい。
青(縫い代の端)はピンクの線に比べ、前中央側は短く、脇側は長くなる。

裏地を綺麗に仕上げるコツ

縫い代の幅は1.5cmありますが1p幅で縫ってください。
5mmの差が調節用の余裕になります。

5mmほど縫い代より内側をアイロンで折ってください。

アイロンの温度は中〜低温で。
温度が高いと素材によっては縮んだり、引きつったりすることがあります。

折り目を広げないように気をつけて生地を広げて、続きの作業をしてください
市販の裏地のついた洋服を見ると、同様に折り目をつけて裏地に余裕を持たせているのを確認することが出来ますよ。

この折り目に余裕を持たせることをお裁縫用語で「キセをかける」といいます。
裏地は裁断している端からずれやすいので縫い合わせる相手の場所にあう長さになるように臨機応変にずらしてください

裏地の後身頃(胴体)の下にすその見返しを付けてください。

縫い代はアイロンで上側に折ってください。

後中心同士を表側が内側になるように重ねてください。
1cmの幅で縫ってください。

腰から下は左右に分かれるので縫わないでください。

縫い代は左右に広げてください。
前の見返しに前身頃の裏地を縫ってください。

縫い代は脇側に折ってください。

後の裏地と前の裏地の肩と脇を縫ってください。

(わかりやすいように右半分の画像は省いています)

表地を縫ってください。

赤い部分を縫ってください。

縫い代はアイロンで左右に広げてください。

後の中心と後ろの脇を縫ってください。
後中心を表同士が内側になるように重ねて縫ってください。

後中心の縫い代は左右に折ってください。

スリットのところにあれば、熱接着の両面テープを貼ってください。

表地の肩と脇を縫ってください。
えりを縫ってください。

テーラードカラーの縫い方はこちら

テーラードカラーの縫い方動画

同じように裏地にもえりを縫いつけてください。


後えりに見返しをつけない方法のテーラードカラーの縫い方動画
接着芯をつけたらえりにしるしを入れてください。
消えるチャコペンや、表に響かないペンなどで型紙を重ね、上の図であけた穴の所に印をつけます。裏側は、縫いやすいよう交わるように出来上がり線を図のように引いておくと綺麗に縫えます。
※見返しにつくほうが表衿になります(折り返して表に来るので)
身頃のえりの所にも印を付けておくとより縫いやすくなります。
../../sakuhin/1/body/jacket/eri7.jpg そのままだとえりぐりを縫うとき引きつってしまいますので、前身頃の縫い代に縫い目を切らないよう気持ち1ミリ残す感じで切込みを入れてください。

切込みを入れる場所は後ろのえり首のカーブのところ前身頃と見返しの型紙に

印のあるところの縫い代に切込みを入れてください。
 (洋裁工房の場合この印)
(8〜9mm)
この模様は切込みではなく点で印を入れてください。

えりの印と、身頃の位置があうように、真上からまっすぐ針を刺し、固定してください。

 

縫いなれていない人は、ミシンで縫う出来上がり線より2〜3mm離れた所(青い線)を手縫いで縫ってください。

縫い始めは手動で、丁度交点に針が落ちるようにミシン針をおろして縫い始めてください。

そでのように力がかかる場所ではないので、ミシンが苦手な方は、3〜4mmくらいの縫い目で手縫いしてもいいです。

縫い終わりも縫いすぎないよう注意して、スピードを落とすか、手動でぴったり交点まで縫ってください。

印からはみ出すと引きつりの原因になります。

1)
2)
1) 首の横から後ろを縫ってください(赤い線の部分) 
ここも、慣れていない人はミシンで縫うラインより2〜3mm離れた所をしつけ糸で手縫いしてください。
それからミシンで縫うと綺麗に縫いやすいですよ。

2)余分な生地を縫いこんだりしないように、図のように生地をたたんで、出来るだけまっすぐな状態にして縫うと綺麗に縫えます。

この角がぴったり合うとえりが綺麗に仕上がります。
角がねじれたり隙間があると見栄えが悪くなります。

カーブの所は引きつったりゴロゴロしやすいので、ぬいしろに浅く切込みをいくつか入れておくと落ち着きます。

アイロンで縫い代を左右に折ってください。
裏地と表地を表側同士が内側になるように重ねてください。

1p幅で縫ってください。

襟部分の詳しくは下記参照

えりにピンを刺すとき緑の区間は均等にさしてください。

赤と青の区間は見返し側のえりを2mmほど内側にずらして縫ってください。

しわにならないようにずらした分を均等に分散させて、細かくピンで固定してください。
ずらしたぶん生地にダブつきが出きますが、それで正解です。

ずれないようにしつけ糸でミシンで縫う場所より2〜3mm離れたところを縫ってください。
しつけをしたらピンははずしてください。

えりの縫い代を縫い込まないようによけて、えりの両端を縫ってください。

縫うときは緩みを入れたほう(見返し側)のえりを下側にして1cm幅で縫うと綺麗に縫いやすいです。

えりの上を1cm幅で縫ってください。
見返しの先からえりの境目までを1cm幅で縫ってください。

そして、最初に衿を縫った線と、合体するように縫ってください。


この時もえりの縫い代を縫いこまないように注意して、縫い代をよけてください。

前中心を1cm幅で縫ってください。

表替えした時、角が引きつりますので、図の青い部分に縫い糸を切らない程度切込みを入れてください。

表がえす時に先が厚くならないように、縫い目から2mm離れた角を切り落としてください。

表側にひっくりかえしてください。
端から5mmの所をミシンで縫ってください。

(表から見える所を縫う事をステッチをかけると言います。)

熱接着の両面テープを貼った場合。
ここではくり紙をはがしてアイロンで固定してから縫うとずれたりねじれたりしてしわがよったりせずきれいに作れます。

そでの準備

ギャザーの縫い方

そでを縫う

そでを身頃につける

動画は裏地のないタイプのそでですが、そでを胴体に縫い付けたりするところのイメージがつかみやすいと思います

そで山にギャザーを寄せてください。

この型紙のそで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

そで山にギャザーを寄せると右側のように立体的なそでになります。

そして裏の方の長く残しておいた糸だけを引っ張りギャザーを寄せます。
(これを一度覚えておくとスカートやいろいろな事に応用がきくので、是非チャレンジしてみましょう!)

裏地も同じようにギャザーを寄せてください

【重要】 必ず糸調整を元に戻してください。

2枚のそでを表側が内側になるように重ねて両脇を縫ってください。

同じように裏地も縫ってください。

アイロンでそで口を出来上がり線で折ってください。
裏地のそで山の縫い代をアイロンで裏側へ折ってください。
裏地と表地を内側どおしが表になるように重ねてください。

表と裏地のそで口をあわせて1cmで縫ってください

表がえして、アイロンの折り目通りにそで口を折ってください。
そでを身頃の中に入れて、そで山と脇をピンでとめてください。
ギャザー縫いの糸を引っ張って長さを調節しながら均等にピンを刺してください。
慣れていない人は端から7mmのところを仕付け糸で縫ってください。
ミシンで1cmの幅で縫ってください。

ミシンで縫ったらしつけ糸は抜いてください。
縫い代はそで側に折って下さい。

裏地のそで山を表地のそでの縫い代を覆うように待ち針で身頃のそでのカーブにとめてください。

手縫で表に目立たないように裏地をぬいつけてください。

裏に隠れる部分なのでしわはあまり気にしなくていいです。

それより縫い代を余分に取りすぎて、引きつらないように注意してください。

まつりぬい

重なるタイプはボタンホールを開けてボタンを付ければ完成です。

ボタンホールの開け方はミシンによって全く違うので、説明書を見てね。

ボタンホールが苦手、ボタンホール用の押さえをなくした方は、スナップボタンをつけて、飾りボタンにしてもいいですよ

関連型紙

婦人用燕尾服


布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト