手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 部分縫い >  


パゴダスリーブ(姫そで)の縫い方

Translate


改造パーツの型紙には線がいっぱいありますが、こんな感じにそで丈に応じて微妙に長さが違うので線で色分けしてあります

そでを体に当てて作りたい丈にあった色の切り替えを使用してください。

ブラウスの型紙と、チャイナブラウスと着物襟のブラウスは共用の改造パーツのパゴダスリーブ(姫そで)があります




ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い

布印刷
洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


切り替えの図のカーブの所をアイロンで裏側に折ってください。

熱接着の両面テープを持っていれば、折った縫い代に貼ってください。

充分冷えたら、熱接着の両面テープのはくり紙をはがしてください。

裏が見えるようにおいたそでの上に、切り替え部分も裏が見えるようにして重ねてください。

縫い代を縫ってください。

切り替え部分を表側にひっくり返してください。

アイロンでそで口の形を整えてください。

切り替え部分の上下5mmの所を縫ってください

そでの山にギャザー縫いをして、そでを立体的にします
ギャザーの縫い方
そでを縦半分に折ってください。

あわせた端の縫い代を縫ってください。

そでを表側にひっくり返してください。

身頃(胴体部分)を裏が見える状態で、そでを中に入れてそでと身頃を縫ってください。

そでを身頃の中に入れて、そで山と脇をピンでとめてください。
ギャザー縫いの糸を引っ張って長さを調節しながら均等にピンを刺してください。
慣れていない人は端から7mmのところを仕付け糸で手縫いしてください。
縫い目の幅は1〜1.5cmくらいの大きな縫い目で縫ってください。
そでを1cmの幅で縫ってください。

そでがついたらしつけ糸は抜いてください。

そでの付け方

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト