手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング >
スリットの入れ方

translate

簡単な割ったタイプ  


JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


あける位置に印をし、そこまでで縫い止める。

縫い代を左右に倒し、端を2つ、もしくは三つ折りする。
表から縫い代を固定する。裏から縫ってもOK

裾を縫う。

ベンツ付きスリット  タイトスカートのように、下になる方に、持ち出しがついているタイプ。
 

下になる方の布にに5センチほど、持ち出し分の出っ張りをつけ、布を切る。

 3センチの持ち出しになるので、折り返しを考えて5センチとする。
(本体に1センチの縫い代があると考えて)

もう片方は出来上がりより3cm出す。

 後中心とスリットを縫います
(赤い部分の縫い方) 

ここの縫い方は動画もあります持ち出しの広い方の後身頃の持ち出しを真中の印で裏へ折ります
 中表に布を重ね、スリットの所まで、左右の布を重ねあわせ縫い合わせる。
青の部分に切込みを入れる。

持ち出しが 狭いほうは折らない。

後見頃同士を内側が表同士になるように重ねて、イラストのように後ろ中心を縫う。


←持ち出しが広い    持ち出しが狭い→
持ち出しの幅の広い方は持ち出しの真中の印から表へ折る.
狭い方は、後ろ中心の縫い代線の延長線上を折る.
持ち出しのすその縫い代を縫う。
折ったところをひっくり返しておく。

これで後のスリットが完成。
※これは持ち出しのパーツが見やすいように左右に分けて書いていますが実際は後ろの中心は縫ってあります
 するとこんな感じになります

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画
関連ページ

テロテロした生地の裁断方法

接着芯がくっついた

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁動画
関連動画

ほつれどめの仕方

そでのつけ方

テーラードカラーの縫い方

 

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト