手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本


USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > ミシンの縫い目模様について

translate

 

このサイトにご来場の方で、
「私のミシン色々縫い方が出来るみたいなんだけど、使い方分からないのよね〜」
という方が多いのではないでしょうか?
でも意味が分かると単なる模様じゃなくて、意外に使える縫い方だったりしますので、
ここで憶えて、是非使ってください。




ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


基線

どんなミシンでも必ず付いているといってもいいくらい当たり前の直線縫いです。
この右基線、中基線の違いって何でしょう?

実は、ジグザグが出来るミシンは針穴(針が落ちる部分に開いてある、穴の事)が広い為、中基線で縫うと端のほうの生地が、針が下がった時に一緒に落ち込んでしまい、そのまま中に食い込む可能性が高いのです。

なので、通常直線を縫う場合は左基線を選択して縫うと食い込みが減るらしいです。

ジグザグ縫い

左右に振れる方向を縫い目の幅、前後に進む方向を縫い目の長さといいます。

縫い目の幅を0にすると直線になります。

例えばワッペンなどを自作したい場合は、生地の裏に接着芯を貼り、ミシンの模様をジグザグにして、縫い目の幅を中〜大にして、縫い目の長さを0.3〜0.7p位に設定し周りを縁取っていき、縫い目を切らないように外側を切り落とせば、簡単にワッペンが作れます。

また、カンヌキ止めも簡単に出来ます。
甚平などの脇などの力の掛かる部分は、
縫い目の幅を大、縫い目の長さを0pにして5〜6回往復すると脇が裂けにくくなります。

ズボンのポケットや、ベルトとおしの所にかかっている止めは、幅を小、目の長さを0.3p位にして細かくジグザグを掛けていくと良いです。

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト