手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > ツナギ・レオタード > つなぎの作り方

ツナギAの作り方

Translate

これはの作り方です

Bの作り方はこちら

見返しやえりの裏に接着芯を貼ってください。
裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
ほつれ止めの仕方がわからない方は縫う前の下準備に詳しく説明しています♪

そでぐりはほつれ止めしなくて良い。

印刷用説明書



今日買って明日届くキャラヌノ
キャラヌノ

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


雨ぶたを縫ってください。
2枚重ねた布が内側同士が表になるように重ねってください。
ひっくり返すために一部開けておきます
表に返して、アイロンで形を整えてください。
端から5mmの所を縫ってください。
ポケットの口を縫ってください。
アイロンで縫い代を裏に折ってください。
1.5cmの所を縫ってください。
アイロンで左右の縫い代を裏に折ってください。
胸ポケットを前身頃の上に置いてください。

端から2〜5mmの所を縫ってください。

ポケット口は力がかかりやすいのでポケットの上側を図のように横に2〜3度返し縫いをして三角形に縫っておくと、丈夫になります。

雨ふたを重ねて、上の縫い目にそって縫ってください。
ベルト通しの上と左右をアイロンで折ってください。
両側5〜8mmの所を縫ってください
前見頃に重ねて上と下5mmの所を縫ってください
前身頃の上半身と下半身を表同士が内側になるように重ねて縫ってください。
前身ごろを表同士が内側になるように重ねてください

前身頃の中心にファスナーをつけるので、ファスナーをつける位置から下を縫って下さい。

縫い代は左右に折ってください。

ジーンズの様な持ち出しのついたファスナーにしたい場合は

ファスナーのつけ方動画

コンシールファスナーでつけたい場合は

身頃のズボン部分(下半身)同士の股の所を縫ってください。
後中心を縫ってください。

縫い代はどちらか片方に折ってください。

前と後ろを内側が表になるように重ねて肩を縫ってください。
そでのあき(着替えのためにあけることが出来る部分)に見返しを重ねてください。
切込みを入れてください
見返しを裏側に返してください。

端から0.2〜0.5cmのところを縫ってください。

身頃のそでぐり(袖のカーブ)にそでを縫いつけます。
身頃のそでぐり(袖のカーブ)にそでを縫いつけます。
縫い代を一緒にほつれ止めしてください
カフスの縫い代をアイロンで折ってください
以下のイラストはそで口にギャザーがよっている表記になっていますが、このデザインはギャザーのよらないデザインです。
表同士が内側になるように、そで口とカフスを重ねてください。

が1cmが重なり分。

●とがはみ出すように縫いつけてください。

カフスを起こす。
アイロンで折った真ん中の折り目と逆向きに折り返してください

両端1cmを縫ってください。

カフスを表側に返してください

端から2mm(黄緑の線)の所を手縫いで大きな縫い目で仮固定してください。

5mmの所(赤い線)をミシンで縫ってください。

ボタンホールをあけて、ボタンを付けてください。

ボタンホールはミシンによって縫い方が異なりますので、ミシンの説明書をご確認下さい。

脇のポケットを縫ってください。

ポケットの縫い方は胸のポケットと同じです。

ズボン(下半身)のまたの下を縫ってください。

後の縫い代はウエストと同じ方向へ。
前の縫い代は左右に折ってください。

カフスを付けない場合はその分そでの長さを伸ばし、そで口の縫い代を中に入れ5〜8mmの所を縫ってください。
同じようにすそを縫ってください。

えりの縫い方

赤い部分を縫ってください。

身頃のえりぐりに裏を上にしたえりを重ねて縫ってください。

縫い代1cmがはみ出す用にして重ねてくだい。

えりをおこしてください
もう一枚のえりを裏が上になるように重ねてください

えりを表側にかえしてください。

裏のえりの縫い代をえりの中に入れてください。
端から5mmの所を縫ってください。
しつけ糸で、ミシンで縫う場所から2〜3mm離れた所を縫っておくとぬいやすいです。
なぜ離れたところを縫うかというと、ミシンで縫う所にしつけ糸があると、縫いこんであとではずしにくくなるからです。

ツナギの型紙

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト