手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > ツナギ・レオタード > 全身タイツの作り方
全身タイツの縫い方 後あきの縫い方

ウエスト切り替えタイプ(後ファスナー)

Translate

 
中心切り替えタイプはこちら

全身タイツの型紙 改造用の型紙

必要な材料

2WAY(左右に伸びる)生地

※白や薄い色合いの生地は下が透けやすいので、下にもう一枚下地を着る必要があります。

タイツを作る時は伸びる糸を使用して縫ってください。

普通の糸で縫うと、生地を伸ばして着るときに糸が切れてしまいますので必ず←左のような伸びる糸をご使用ください。




ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い

布印刷
洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


  よく伸びるニットの縫い方

普通の縫い方だと糸が切れるので ニット用のレジロン糸を購入してください

図のような三本線の柄を選択上糸の調子を強めにして縫ってください

これだとかなりの伸縮でも耐えます。

お試しください

←ジグザグ縫い
ニットのほつれどめの仕方。
*ニットは縫った後にほつれ止めをしていきます

点線のジグザグ縫いを選んでね。

←大概のミシンにはこのような点線で描かれたジグザグ縫いの模様があると思うので、これを選択します

(3点ジグザグといいます)

※2WAYはほつれにくいので、どうしてもうまく縫いにくい場合はしなくてもOK

  ニットの縫い方 ニットは縫っているとどんどん伸びたりずれたりして長さが合わなくなったり、べろべろに伸びたりします。

そこで細かい番手の紙やすりを帯状に切って、布と押えの間にはさむと、伸びやズレが減ります。

紙やすりが安定感がありますが、急ぎで紙やすりがない!というときはコピー用紙を切って挟んで縫うだけでも伸びが抑えられます

※一緒に縫わないように注意。
  後身頃を縫う
  背中の中心にファスナーをつけるので、後身頃のファスナーをつける位置から下を縫う。
  えりをつけない場合(えりなし・とっくりタイプ)
  後身頃にコンシールファスナーをつける
コンシールファスナーの付け方動画
  前身頃を縫う  
  前のズボン(下半身)の股を縫う。

まとめて一緒にほつれ止めをする。

  ズボン部分と前身頃上半身を縫う。
  前と後ろを内側が表になるように重ねて肩を縫う。

ここの肩も前後一緒にほつれ止め

  縫い代を裏へ折る。
3点ジグザグで縫い代を縫う。
  スタンドカラーをつける
  前身頃を縫う  
  前のズボン(下半身)の股を縫う。

まとめて一緒にほつれ止めをする。

  ズボン部分と前身頃上半身を縫う。
  前と後ろを内側が表になるように重ねて肩を縫う。

ここの肩も前後一緒にほつれ止め

  えり首のカーブにえりを裏を上にして重ねて縫う。

襟ぐりもまとめてほつれどめ

  えりを起こす。

縫い代はえり側に折る。

  コンシールファスナーをつけるために縫い代を左右に割り開く。
  えりの縫い代を裏へ折り、縫う。
直線でかいてありますが3点ジグザグで縫う事。
  えり首の上側にカギホックを縫いつける
  フードを付ける場合
  フードの頂点のダーツ(立体にするためのつまみ)を縫います
  2枚のフードを内側が表になるように重ねて縫う。
  ファスナーを付けます。
(上記のコンシールファスナー付け動画を参照)

多くの手芸店だとコンシールファスナーは60cmくらいまでの物しか置いていない場合が多いので、このようにフードだけ別に逆向きにファスナーを付ける。(下から上に開く)

こうするとわざわざ取り寄せたりせず、地元の手芸店にある材料でも作る事が可能です。

下1cmはえり首に縫い合わせる縫い代なので、ファスナーのムシ(レール部分)が1cm以上上に来るように縫いつける

  アゴの所を縫う
  後身頃にコンシールファスナーをつける
  前身頃を縫う  
  前のズボン(下半身)の股を縫う。

まとめて一緒にほつれ止めをする。

  ズボン部分と前身頃上半身を縫う。
  前と後ろを内側が表になるように重ねて肩を縫う。

ここの肩も前後一緒にほつれ止め

  フードと身頃の表同士を合わせて縫う。

縫い代を一緒にほつれどめ。

えりを引っ張り出して、上下のファスナーの間にカギホックを付ける
(付けないとファスナーが動いている間に下がってくる事があります)

  そでを縫う
  身頃のそでぐり(袖のカーブ)にそでを縫いつけます。
此処も一緒にほつれ止め
  そで口からすそまで一気に縫う。
そでの縫い代は見頃(胴体)側へ折る。

前後をまとめてほつれどめ

  ズボン(下半身)のまたの下を縫う。

ここも一緒にほつれどめ

前の縫い代はウエストと同じ方向へ
後の縫い代は左右に割って開く。

  表にかえす。
  そで口を縫います。
  すそを縫う。
伸びる生地を縫うときは伸びる糸を使ってくださいね

全身タイツの型紙

必要な材料

2WAY(左右に伸びる)生地

※白や薄い色合いの生地は下が透けやすいので、下にもう一枚下地を切る必要があります。

ニット用のレジロン糸
※ニット用の糸を使わないと、糸が生地の伸びに耐え切れず、切れてしまいます。

★★★★★★★★★★★★★★

関連ページ

全身タイツを筋肉スーツに改造する方法

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

 
布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト