手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > ワークシャツの作り方

 ワークシャツの縫い方
translate

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯
裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。



布印刷
Contrado.jp

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


布の縫い合わせ方

布はしのほつれどめ

ダーツの縫い方

  シンプルなポケット ポケットを付ける。
ポケットを付けない場合はここを飛ばしてください。

作りたいポケットを選択してください。

箱ポケット


見返しの肩の縫い代を裏に折って8mmくらいの所を縫っておく。

表を上にした前身頃の上に、裏を上にした見返しを重ねて前の中心とすその縫い代を縫います。

見返しのすその角を縫い目から2mm離れたところを切り落とします。

あまりギリギリを切ると、ほつれてくるので注意。

見返しを裏に返し、前中心の5〜7mmの所を表から縫ってください。
後の中心を縫います。スリットを入れない場合はここは飛ばしてください。

スリットを入れたい高さの所でとめてください。

アイロンで縫い代を左右に広げてください。

スリット部分を端から6〜8mmの所(赤い線)を縫ってください。

表同士が内側になるように重ね、身頃(胴体部分)の肩と脇を縫ってください。
肩と脇の縫い代を後側に倒す

表から後身頃の肩と脇の縫い目の2mm位そばを縫う。

アイロンですその縫い代を裏へ折り、すそを縫う。
えりを縫う

いろんなえりの縫い方

台付きシャツカラー
シャツカラー

えり付け動画はこちら

シンプルなそでや半そでそでの縫い方 そでを縫う 作りたいほうをご選択ください

カフスのあるそでの作り方

ボタンホールを開けて完成です。

ボタンホールについてはミシンによって作り方が異なるのでミシンの取り扱い説明書を見てください。

説明書がない場合はボタンホールの作り方

こちらを参考につくってください。



ワークシャツの型紙

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画

洋裁動画

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト