手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング  > 子供服 > キッズ用ゆかたの縫い方

子供浴衣の作り方

各部名称

前身ごろ
後身ごろ
おくみ
えり
そで
おび
おはしょり

 当方は洋裁工房ですので、本物の和裁を学びたい方は和裁専門のサイトへ行かれる事をお勧めします。

あくまで洋裁方式の作り方です。


子供用ゆかたの型紙 デザイン改造用の型紙はこちら

※この作り方はコスプレや演劇のための衣装を短時間で安く作りたいという人のためのものです。

洋服と着物がそれぞれ専門店があるように、洋裁と和裁では学ぶ学校も別な異なる専門分野ですのでご了承下さい。



布印刷
Contrado.jp

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


1) 
2) 
3) 
えりの裏に接着芯を貼ります。
本来着物には接着芯は使わないのですがより簡単に作るために接着芯を使った方法にしています。

1) 型紙より大きめに生地を粗く切り出します

2) 同じく型紙より大きめで、生地より小さめに接着芯を切り出し、アイロンで接着する

3) 充分さめてから裁断します

切るときは、チャコペンなどでなぞった線の内側を切ること。

型紙の外側に線を引くのですから、その線の外側を切ったりすると、下手をすれば2mmくらい大きくなってしまいますからね。

左右が分からなくなる、うっかり右を2枚取ったりする〜という方は、型紙を生地の表において、出来上がり通りの状態で切るといいですよ。

生地に柄をや印を写します。

ポンチや目打ち、不要になったミシン針等で型紙に穴を開けます。

その穴からチャコペンで、印を写していきます。

ボタンなどの印は表から、ダーツなどは裏からつけた方が分かりやすいですよ。

この時、縫い位置合わせの切り込みも入れておきましょう
(脇やそで山等、位置を合わせるための印、表に見えないように、縫い代の中5〜8mm程度切り込みを入れておきます。

チャコペンがつきにくい生地は切りじつけを利用してください

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯
裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

布はしのほつれどめ

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

子供用の着物はこのように肩をたたんで腕の長さに合わせて調節できるようになっています。

型紙通りにつくると、ゆきたけは31.5cmです(生地なので多少誤差はでます)

子供さんのゆきたけをはかります。

ゆき丈とは図の赤い部分の長さです。

背中の首の付け根のグリグリした骨から、手首の骨までの長さをはかる。

お子さんのゆき丈が、31.5cmと異なれば肩の谷折りの線をずらすだけでOK。

長くしたければ5mmえり側に谷折り線をずらせば1cm長くなります。

2cmの場合は1cmずらす。

短くしたければ逆に谷折り線を脇側にずらすとよい。

実際は0.5〜1cm位の違いならば変えなくてもそう目立ちません。

前身頃の型紙に入っているラインを裏が見えるように折り縫う。

製図はこちら

黄色が表

黄土色が裏です

前身頃の中心を三つ折にして縫いとめます

縫いしろは表から見て左に倒しておきます

倒す

身頃を内側同士が表になるように重ねて、後中心を縫う

アイロンで背中心の縫い代を両方とも表から見て左に倒します。

えり付けの下の部分を三つ折りします。

えりを内側が表になるように重ねて縫う。
広げて縫い代は中心から左右に折る。
えりをアイロンで折る。
両端の縫い代を1p折り、さらにそれを真半分に折る。
えりのカーブの所に切り込みを入れておきます


こんな感じに切り込みを入れることで、縫い代のラインをまっすぐにすることによって、直線のえりが縫いやすくなります。

このとき縫い代をまっすぐにする分、肩側の身頃がだぶつきますが、つまんだりしないように気をつけて縫ってください。

切り込みは縫い代の内側まで(0.7〜0.9cm位)でとめてくださいね。
まずえりの中心と、身頃の背中心を合わせます

身頃の表側に、えりを裏を表にして重ねます。


中心から左、また中心から右と縫っていくと綺麗につけやすいです。


衿の先を縫います


衿の中心の折り山を裏向きに折り返す。

余分を切り落とします

  衿の裏の赤い部分を手縫い(まつりぬい)でおもてに目立たないように縫います。

でもこだわらなければおもてからミシンで縫ってもよい

まつりぬい

まつり縫いのしかた
そでと身頃を縫いつけます。

表を上にした身頃の上に裏を上にしたそでを重ねる

前後を「袖つけどまり」縫い付ける

縫い代は割っておきます割る

そで口のところをあけておく。

そで口の下からそでの下まで縫います。

縫い代は後にアイロンで倒しておきます

脇を縫います

型紙にある見八つ口をあけて脇をまっすぐ縫います。

そでくちの縫い代を三つ折して縫います

先にアイロンで折り目を付けて縫うと楽ですよ

そでのわきの下(みやつ口)とそで付けの下を縫い代をアイロンで内側に折り、縫う。

手縫いでも良いですし、こだわらなければミシンでどうぞ。

すそを三つ折して縫う
腰上げを縫う

型紙の山折りの線で折る。

谷折りの線の所を手縫い(二目落とし)で縫う

断面

目立つ所に出る縫い目がほんの少しだけになる縫い方。
図のように折り曲げて両方表の場合、そでのある側が表の縫い目になるようにしてください。

かぶせえりを付ける

上下左右の縫い代をアイロンで折る。

かぶせえりの中心とえりの後ろ中心を合わせてピンを打つ。

手縫い(本ぐけ)でえりにかぶせえりを縫いつける。

↓このようにかぶせえりとえりの端を交互に0.5〜1cm間隔で縫って行く

かぶせえりをえりにそって折り、まつる

まつり縫いの仕方

  
ひもを縫う。

アイロンで両端の縫い代を折る

さらに半分に折る。

真ん中の折り目と逆向きになるように折り両端の縫い代を縫う
表に返して端を縫って閉じる

ひもを付ける

えりにひもを裏を上にして1〜2p重ねる。

ミシンで縫いつける。

折り返してふちをほんぐけする。

こだわらなければミシンで縫いつける。

お好みでひもの付け根に刺繍を入れる。

完成です


子供用ゆかたの型紙
浴衣の型紙(大人用)

改造用の型紙上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できます

筒そで(90サイズ)  船底そで(90サイズ)

★★★★★★★★★★★★★★

紐の先についた房の作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト