手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 和服もどき >

BLEACH夜一風上着の縫い方

ツイル
中厚手で比較的縫いやすいので初心者にも扱いやすいですよ。
TCとかかれたものは綿とポリエステル混紡のものなので、頻繁に座ったりする方は綿100%よりシワになりにくいので、これを選ばれるとよいですね。

ネムの衣装と同じで、この衣装はブロードだとちょっと薄すぎて、風合いが貧弱になるので、中厚地を選ぶのが、生地選びのポイントです。

肩のパーツはレザーなど端がほつれてこない生地を使うと楽です。
安く上げたい場合はフェルトなどでも構いません。

 

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯
裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

初心者向けソーイングブック
ソーイング    Heart warming life series―基礎シリーズ
縫い方が分からない!
基礎から勉強したいというあなた!
とりあえずこれを買うべし!
あっそうなんだという基本的なことが書いてあるので、これがあればあなたも洋服が作れます。しかも色んな服の部分縫いが画像付きで解説してあるので分かりやすいのです!
当サイトからも相互リンクさせていただいている、洋裁の世界では有名なクライムキさん著の本です!

ムキ先生に許可を頂いて、どんな本か中身をちょっとだけ見れるようにしました




ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


布はしのほつれどめ

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

縫い方
 衿付けの下の部分(赤い部分)を三つ折りしてください。
身頃のダーツ(立体にするためのつまみ)を縫ってください。
(このデザインに関してはダーツを縫ってからほつれ止めをしたほうが良いです)

ダーツは前は脇、後は中心に向けてアイロンで片方に折ってください。

表同士が内側になるように重ねて、身頃(胴体部分)の肩と脇を縫ってください

肩あてを直接肩に乗せ、縫ってください。

肩当を縫い付けたあとに脇を縫ってください。

えり付け

えりをアイロンで折ってください。
両端の縫い代を1p折り、さらにそれを真半分に折ってください。
えりのカーブの所に切り込みを入れてください。

こんな感じに切り込みを入れることで、縫い代のラインをまっすぐにすることによって、直線のえりが縫いやすくなります。

このとき縫い代をまっすぐにする分、肩側の身頃がだぶつきますが、つまんだりしないように気をつけて縫ってください。

切り込みは縫い代の内側まで(0.7〜0.9cm位)でとめてくださいね。

表同士が内側になるように身頃(胴体部分)にえりを重ねてください。

えりの中心と、身頃の背中心を合わせてから左右を縫っていくと綺麗につけやすいです。


えりの先を縫ってください。

衿の中心の折り山を裏が見えるように折ってください

余分を切ってください。

  衿(えり)の裏の赤い部分を手縫い(まつりぬい)でおもてに目立たないように縫います。

でもこだわらなければおもてからミシンで縫ってもよい

まつりぬい

まつり縫いのしかた
裾(すそ)を縫ってください
(縫い方は上の衿と同じです)
図1
図2
図3
図1。 すそをおこす。

図2。 折山を裏が見えるように半分に折ってください。

衿の延長線上を縫ってください。

図3 裾を表に返して、縫い目から2〜5mmの所を縫ってください。

右の前と、左の内側の縫い代に結び紐をつけておくと着替えがしやすいよ。

そで付け


縫い代を折る

上の図の点線のところで半分に折る。
カフスをアイロンで図のように折り目をつけてください。
そで山とそで口の縫い代に2本(赤い部分)ギャザーを寄せてください。

そで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

ココでギャザーを寄せておかなければ、そのままつけるとあまってしまう筈です。

またそで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になるので、そでぐりより長くし、ギャザーを入れることによって丸みを出して立体的になるように作られているものもあります

こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かっていただけると思います。

ギャザーの縫い方

そでの準備

そでを縫う

そでを身頃につける

表が内側になるように半分に折ってください。

1p幅で縫ってください

カフスの横を縫ってください。
そで口のギャザーを縮めてカフスと同じ長さになるように調整する

表同士が内側になるようにそでとカフスを重ねて縫ってください。

カフスをアイロンでつけた折り目どおりに折り返して、縫い目から2〜5mmの所を縫ってください。
そでは表側が見えるようにひっくり返してください。

裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。

脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください

手縫いで端から7mmくらいのところを縫ってください
縫ったら待ち針ははずしてください。

全部を手縫いで作る場合はここは省略してください

端から1cmの所を縫ってください。

縫い終わったら仕付け糸ははずしてください

左の脇と、右の前に結び紐をつける。
右脇はスナップボタンをつけるか、簡単にする場合は、安全ピンを裏からとめるだけでOK

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト