手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 和服もどき > 陣羽織の作り方

コスプレ用の陣羽織の作り方

洋裁の作り方で作る陣羽織です。

※この作り方はコスプレや演劇のための衣装を短時間で安く作りたいという人のためのものです。

洋服と着物がそれぞれ専門店があるように、洋裁と和裁では学ぶ学校も別な異なる専門分野ですので本格的な着物を学びたい方は「和裁」のサイトをご利用いただけたら幸いです。


陣羽織の型紙

どうしても分からない方は↑をどうぞ



今日買って明日届くキャラヌノ
キャラヌノ

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


表  

接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
指定されたパーツの裏に接着芯を付ける

くわしくは縫う前の下準備を参照

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

布はしのほつれどめ
前中心のベルトと肩の飾りにバイアステープをつけてください。
ベルトは上下と中央側にバイアステープをつけてください。

肩の飾りは片方はそでぐりと一緒にバイアステープで包み、反対側はえりの中に隠れるので上下だけ包みます。

バイアステープの縫い方 凸編
前後の身頃(胴体部分)を内側が表になるように重ねてください。
表同士が内側になるように重ねる事を、洋裁用語で中表といいます

肩と脇を縫ってください。

表に肩の飾りを表が見えるように置いて、縫ってください。
えりを裏を上にして重ねて縫ってください。

縫い代は左右におって下さい

裏地などの薄い生地は縫い目の長さが長いと細かいしわが入ったりしやすいです。
ミシンで作る場合、縫い目の長さを2くらいの細かさにしてください。

また針が磨耗していると繊維を断ち切って伝線しやすいです。
そのため針は薄地用の新しいものに交換をオススメします

裏地を綺麗に仕上げるコツ

縫い代の幅は1.5cmありますが1p幅で縫ってください。
5mmの差が調節用の余裕になります。

5mmほど縫い代より内側をアイロンで折ってください。

アイロンの温度は中〜低温で。
温度が高いと素材によっては縮んだり、引きつったりすることがあります。

折り目を広げないように気をつけて生地を広げて、続きの作業をしてください
市販の裏地のついた洋服を見ると、同様に折り目をつけて裏地に余裕を持たせているのを確認することが出来ますよ。

この折り目に余裕を持たせることをお裁縫用語で「キセをかける」といいます。
裏地は裁断している端からずれやすいので縫い合わせる相手の場所にあう長さになるように臨機応変にずらしてください

表と同じように裏地を縫ってください。
  表地と裏地を内側同士が裏になるように重ねてください。
赤い部分の端から5mmの所を縫って表地と裏地がずれないようにしてください。

赤い部分をバイアステープで包んでください。

 

スリットにバイアステープをつける方法

バイアステープの端の始末1

陣羽織の型紙

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト