手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 婦人服 > えりなしジャケットの作り方

えりなし(ラウンドネック)ジャケットの縫い方。


衿なしジャケットの型紙★

Translate

型紙のすその複数の線について。

選ぶすそによって丈の長さを変えることが出来ます。

実際に型紙を体にあてて鏡などで確認して作りたい長さを決めてください


印刷用説明書ダウンロード



今日買って明日届くキャラヌノ
キャラヌノ

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


表  裏 接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙で指示されたパーツの裏に接着芯を付けてください。

くわしくは縫う前の下準備にまとめているので見てくださいね。

ほつれ止めの仕方
後中心を表側同士が内側になるように重ねてください。

1cmの幅で縫ってください。

脇を1p幅で縫ってください。
中央の部品と脇の部品のところは縫う場所と縫い代の端の長さが異なるので、端を合わせると長さが合いません。

そこで合わせるのは端ではなく出来上がり線をあわせます。

脇の縫い代は出来上がり線より長いので図のように少し浮きますが浮くのが正解です。

待ち針を深く刺すと引きつったり縫うときに余計な部分を縫い込んだりしやすいので、出来上がり線の上を1〜2mm刺すと縫いやすくなります。

例 ピンク(出来上がり線)の長さは等しい。
青(縫い代の端)はピンクの線に比べ、前中央側は短く、脇側は長くなる。

ポケット
玉ぶちポケットを縫ってください

玉ぶちポケットの縫い方はこちら。

ポケットを付けない場合は飛ばしてください。

裏地
裏地などの薄い生地は縫い目の長さが長いと細かいしわが入ったりしやすいです。
ミシンで作る場合、縫い目の長さを2くらいの細かさにしてください。

また針が磨耗していると繊維を断ち切って伝線しやすいです。
そのため針は薄地用の新しいものに交換をオススメします

裏地の後中心と、脇、前を1cmの幅で縫ってください。

縫い代は後中心へ折って下さい。

後中心の縫い代を左右どちらかへ折って下さい。

裏地を綺麗に仕上げるコツ

縫い代の幅は1.5cmありますが1p幅で縫ってください。
5mmの差が調節用の余裕になります。

5mmほど縫い代より内側をアイロンで折ってください。

アイロンの温度は中〜低温で。
温度が高いと素材によっては縮んだり、引きつったりすることがあります。

折り目を広げないように気をつけて生地を広げて、続きの作業をしてください
市販の裏地のついた洋服を見ると、同様に折り目をつけて裏地に余裕を持たせているのを確認することが出来ますよ。

この折り目に余裕を持たせることをお裁縫用語で「キセをかける」といいます。
裏地は裁断している端からずれやすいので縫い合わせる相手の場所にあう長さになるように臨機応変にずらしてください

市販の型紙で裏地を切る場合

型紙より裏地を5mmくらい大きめに切ってください。

※洋裁工房の裏地の型紙にはあらかじめ余裕が入っています。

どうしても裏地はテロテロしているので、綺麗に裁断したつもりでもずれが出て小さくなっていたりします。

大きい分を調節することは簡単ですが、小さいものを大きくするのは難しいので、裏地だけはちょっと余裕を持っておくと綺麗に仕上がりますよ!

すその縫い代をアイロンで折ってください。

前の見返しのパーツと裏地を縫ってください。

(裏地のすそは折ったまま)

裏地は表から見えないように少し短めに作ってあります、
そのため見返しが裏地より長いですがこれが正解です。

アイロンで縫い代を左右に広げてください。。

肩を1p幅で縫って下さい。
裏側と表側を縫う
えりと前中心と見返しのすそを1cmの幅で縫ってください。
カーブの所は切込みを忘れずに。

切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

角の縫い目から2mm離れた所を切り落としてください。

えりぐりの縫い代を5mmに切ってください。

表側へひっくり返してください。
端から5mmの所をミシンで縫ってください。

端を縫っておくとシルエットがぼやけずはっきりします。

そでの所の表地と裏地がずれないように端から5mmの所を縫ってください。

すそ
すそを手縫いでまつり縫いをしてください。

ボタンとボタンホール
この時点でボタンホールを開けると、そでが無い分縫いやすいですよ。

ボタンホールのあけ方はミシンによって異なりますのでミシンの説明書をご覧ください。

ジグザグ縫いで作るボタンホールの縫い方とボタンのつけ方はこちら

ボタンを飾りにして、スナップボタンで固定するという方法もあります

そで
そで山にギャザー縫いをしてください
そでの準備

ギャザーの縫い方

そでを縫う

そでを身頃につける

動画は裏地のないタイプのそでですが、そでを胴体に縫い付けたりするところのイメージがつかみやすいと思います

縫い代の中を2本縫います

1本より2本縫ったほうがギャザーが均等に寄せやすいです。

【重要】 必ずミシンの上の糸調整を元に戻してください。

2枚のそでを表側が中になるように重ねて両脇を縫ってください。

同じように裏地も縫ってください。

アイロンでそで口を出来上がり線で折ってください。
裏地のそでの山を1cm幅でアイロンで裏側へ折ってください。
裏地と表地を内側同士が表になるように重ねてください。

表と裏地のそで口をあわせて1cm幅で縫ってください

表側にひっくりかえして、アイロンの折り目通りにそで口を折ってください。
そでを身頃の中に入れて、そで山と脇をピンでとめてください。
ギャザー縫いの糸を引っ張って長さを調節しながら均等にピンを刺してください。
慣れていない人は端から7mmのところを仕付け糸で縫ってください。
ミシンで1cmの幅で縫ってください。

ミシンで縫ったらしつけ糸は抜いてください。
縫い代はそで側に折って下さい。

裏地のそで山を表地のそでの縫い代を覆うように待ち針で身頃のそでのカーブにとめてください。

手縫で表に目立たないように裏地をぬいつけてください。

裏に隠れる部分なのでしわはあまり気にしなくていいです。

それより縫い代を余分に取りすぎて、引きつらないように注意してください。

ウエストを変えたい場合
ダーツを大きくして、脇のウエストを内側に狭くするとウエストが細くなります ダーツを小さくし、脇のウエストを外に出すとウエストが太くなります

洋服は左右ありますので上の図の場合12箇所増減することになりますので、増減したい分量÷12が=です

えりを改造したい場合
フラットカラーの製図の仕方

フラットカラー(後ファスナータイプ)の縫い方。

セーラーカラーの製図

セーラーカラーの縫い方動画

スタンドカーラーの製図

スタンドカラーの型紙の作り方

スタンドカラーの縫い方動画
スタンドカラーの縫い方
後ろファスナータイプのスタンドカラーの縫い方

台付きシャツカラーの縫い方

台つきシャツカラーの型紙の作り方

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト