手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 婦人服 > 細身のハイネックジャケットの作り方

細身のハイネックのジャケットファスナータイプの縫い方。

Translate


細身のハイネックのジャケットの型紙

 

前ボタンタイプの縫いかた

前ファスナータイプを作りたい場合はこちらから




ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い

布印刷
洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

ほつれ止めの仕方

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

前身頃のと前身頃脇、後身頃と後身頃脇を図のように表同士が内側になるようにに重ねてください。

赤い線のところを縫ってください。

写真の黒のジャージは、この前にパイピングを挟み込んで作りました。

縫い終わったら縫い代をアイロンで左右に折って下さい。
カーブのところの長さがあわないのは何故?という方へ

曲線の内側の方に縫い代がある場合は出来上がりより縫い代が短く、

曲線の外側にある縫い代は出来上がりより縫い代が長くなります。

ピンクと青の曲線をまっすぐにすると差が出るでしょう?
なので、カーブのある縫い代をあわせるときは、縫い代の端を合わせて、ピンを打つのではなく

出来上がりの線のところをまち針であわせるようにとめて、しつけをしてから縫ってください。

見返しの両肩を縫ってください。
(分かりやすいように片方だけ縫い付けている図です)
実際は両方縫ってくださいね。
見返しの縫い方

肩の縫い方

前後の身頃を表同士が内側になるように重ねてください。

身頃の肩と脇を縫ってください。

衿を表同士が内側になるように重ねてください。


えりの角の縫い目から2mm離れた所を切り落としてください。
表返す時に図のように縫い代をたたんで、縫い代を押さえながら表に返すと綺麗に返せます。

表替えして端から5mmの所を縫ってください。
身頃のえりぐりにえりを重ねてください。

5mm位のところを縫ってください。

えり首の前中心の印(紫の所)にえりの端を合わせてください。

見返しを重ね身頃、えり、見返しを重ねた状態で1cmのところを縫ってください。
カーブの所は切込みを忘れずに。

切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

角の縫い目から2mm離れた所を切り落としてください。

えりぐりの縫い代を5mmに切ってください。

見返しを裏へ返し、えり首の縫い目から5mmの所を縫ってください

ボタンホールをあけてボタンをつけてください。

ボタンホールはお手持ちのミシンの説明書をご覧下さい

(ミシンによって異なります)

ミシンがない方はスナップボタンをつけて、ボタンは飾りにする、という方法もあります

  

アイロンですその縫い代を折ってください。

ミシンで縫う場合は縫い代の幅より0.3〜0.5mm短めの所を縫ってください。
手縫いする場合はまつりぬいをしてください

まつりぬい。

表の繊維を1〜2本すくい、折り返した縫い代を縫う。
0.5〜1cmおきに同じように表の繊維を救うの繰り返し

そでを縫ってください。

基本的なそでの縫い付け方

ギャザーの縫い方
そでは表側が見えるようにひっくり返してください。

裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。

脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください

手縫いで端から7mmくらいのところを縫ってください
縫ったら待ち針ははずしてください。

全部を手縫いで作る場合はここは省略してください

端から1cmの所を縫ってください。

縫い終わったら仕付け糸ははずしてください

試着して袖の長さを確認してください。

そで口の縫い代を折って縫ってください

そでの縫い方


細身のハイネックのジャケットの型紙

上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できます

 シャツカラー Mサイズ

ウエストを変えたい場合
ダーツを大きくして、脇のウエストを内側に狭くするとウエストが細くなります ダーツを小さくし、脇のウエストを外に出すとウエストが太くなります

★★★★★★★★★★★★★★

必要な材料
表地、接着芯、ボタン、ミシン糸

このデザインにオススメの生地

この型紙はニットで作る事を前提に緩みを少なくし、体にフィットするように作っています。
そのため伸びない生地ですとちょっときついかもしれません。

ストレッチツイル
伸縮のある素材パンツなどに良く使われます。
見た目ニットっぽくない雰囲気にしたい場合はこちらがおすすめ

ダンボールニット
ダンボールのように裏表が別々に編まれたニットで厚みがある。
上の黒の写真はダンボールニットで作っています。
冬場暖かいです。

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト