手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング >シングルボタンのテーラードジャケットの作り方(人形用)

シングルボタンのテーラードカラーのジャケットの縫い方。(スーパードルフィー用)


SD13用ジャケットの型紙SD17男の子用ジャケットの型紙 SD男の子用ジャケットの型紙

Translate

表  

接着芯

ほつれ止めをしてください。

ピケなどのほつれ止め駅を切る場所に塗り、乾いてから切ると、型崩れしたりよりほつれにくくなります。
ピケを塗った場合はミシンでほつれ止めはしなくてもいいです。




ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い

布印刷
洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


ヒートカットによるほつれどめ

※化繊限定です

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法


ジャケットのえりと見返しの関係が分からないらしいので色分けしてみました。

テーラードジャケットの特徴的なえりは折り返して作られているので、実は青色の部分は見返しなのです。

えりや折り返しの部分だけ変えたい場合はえりと見返しの部分だけ色を変えればいいんですよ

えりの模様の向きによる見え方

ストライプや柄、毛並みのある生地をイメージどおりに出したいとき。

どの向きに型紙を置いて取るかで見え方が違ってきます。

線が横方向になるように切ると着たときは縦に線が出ます。
縦に線が見えるように切ると、着たときは横に線が出ます。

おおよそ90度の角度で出るように現れます

(形によって微妙に変わります)

後身頃(胴体)を表側が内側になるように重ねてください。

(表側同士を内側に重ねることをを中表といいます)
後の中心を縫って下さい。

  後 

 身頃の中心と脇のパーツを表同士が内側になるように重ねて縫ってください。

前後の見ごろ両方共脇の部品を縫ってください。(図は後身頃)

縫い代は左右に折ってください。

←洋裁用語で縫い代を左右に折る事を割るといいます。


フラップ(雨ぶた)を縫って下さい。

表同士が内側になるようにフラップ2枚を重ね縫って下さい。
ポイント: 上は少し内側になるように縫ってください。
縫い代を2〜3mm残して切ってください。

表に返して端を縫ってください。縫いにくい場合はアイロンだけでもよいです。

フラップを上下逆に前身頃の上に重ねて縫ってください。

フラップを下に折ってから上を固定するために縫ってください。

肩を縫ってください。
えりの縫い方

えろの型紙の線の交点と、後中心と、肩縫いが来る位置に印をつけてください。

肩の縫い方動画

テーラードカラーの縫い方動画

後えりに見返しがないタイプなので見返しのところは図を参考にしてください。

接着芯をつけたら衿にしるしを入れる。
表側に来る衿には消えるチャコペンや、表に響かないペンなどで型紙を重ね、上の図であけた穴の所に印をつける。

裏側は、縫いやすいよう交わるように出来上がり線を図のように引いておくと綺麗に縫える。

※見返しにつくほうが表衿になります(折り返して表に来るので)

裏衿の方に衿起こしの芯を貼る。

見返しのラペル(胸の反り返った部分)とえりの境の部分の印の切込みと、えり衿の印の位置があうように、真上からまっすぐ針を刺し、固定してください。

肩側の角も衿の印と、身頃の出来上がりの丁度交点になる所に針を刺してください。


 
縫い始めは手動で、丁度交点に針が落ちるようにミシン針を卸して縫ってください。
縫い終わりも縫いすぎないよう注意して、スピードを落とすか、手動でぴったり交点まで縫ってください。

そのままだと衿ぐりを縫うとき引きつるので、裏返して、前身頃の角に縫い目を切らないよう気持ち1ミリ残す感じで切込みを入れてください。
(衿は切らなくてよい)
1)

2)
1) 首の横から後ろを縫います(赤い線の部分) 
ここも、ミシンで縫うラインよりs〜3mm離れた所をしつけ糸で縫ってください。

それからミシンで縫うと綺麗に縫いやすいです。

2)
出来るだけずれたりしないように角がきちっと合うように縫ってください。
重なったりずれたりすると表から見たとき引きつったように見えます。

また、余分な生地を縫いこんだりしないように、2番の図のように生地をたたんで、出来るだけまっすぐな状態にして縫うと綺麗に縫えます。

カーブの所は引きつったりゴロゴロしやすいので、ぬいしろに浅く切込みをいくつか入れておくと落ち着きます。
(身頃側も)

アイロンで縫い代を左右に広げてください
←裁縫用語で割るといいます。
見返しの肩を縫ってください。
見返しと裏地にえりを縫いつけてください。
えりのつけ方は身頃と同じです。

表  裏

えりの縫い代を縫い込まないようによけて、えりの両端を、2枚合わせて縫ってください。
衿の上を縫ってください。

これも印をしっかりあわせて縫ってください。

見返しの先からえりの境目までを縫ってください。

そして、最初に衿を縫った線と、合体するように縫ってください。


この時もえりの縫い代を縫いこまないように注意して、縫い代をよけてください。

前中心を縫ってください。

表替えした時、角が引きつりますので、図の赤い部分に縫い糸を切らない程度切込みを入れてください。

前をファスナーあきにする場合は先にファスナーを身頃に仮止めして、見返しと身頃ではさむようにして縫ってください。
(ファスナーの上は切り込みの位置までです)

表がえす時に先が厚くならないように、縫い目から2mm離れた角を切ってください。

見返しのすそを縫ってください。
表返してください。
端から5mmの所をミシンで縫うとシルエットがぼやけずしっかりします。

縫い代を固定したり、表からふちを縫ったりする事をステッチをかけるといいます。

そで口の縫い代を裏へ折り、縫ってください。
そでを身頃と表同士が内側になるように重ねて縫ってください。

そでの縫い代はアイロンで身頃側へ折ってください。

←縫い代を片側におる事を「倒す」といいます。

ボタンホールを開けてください。
この時点でボタンホールを開けると、そでが無い分縫いやすいですよ。

ボタンの付け方はミシンによって異なりますのでミシンの説明書をご覧ください。

ジグザグ縫いで作るボタンホールの縫い方はこちら

小さすぎてボタンホールが難しいのであれば、ボタンは飾りにしてスナップボタンでとめてもよいです。

そでの先から脇まで縫ってください。
アイロンですそを折って縫ってください。
SD13用ジャケットの型紙 SD17男の子用ジャケットの型紙 SD男の子用ジャケットの型紙

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト