手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 褌の作り方

ふんどしの作り方
Translate

布の縫い合わせ方

布はしのほつれどめ

袴もどきの作り方の説明書
印刷済みの説明書
メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

帯の布の切り方
自分のふんどしの締めたい位置の長さをはかってください=◎

◎に60〜70cm足した長さが横幅=★

長めにして後で切ると失敗しなくていいです

長さが足りないときは継ぎ足してあとで切ってください。
前たれを作る
横は26〜32cm

縦は80〜130cm

大体フェイスタオルが8〜90cm位だそうです。
長さはタオルを体に当てて参考にしたらいいと思います。

薄い生地は1cm幅に三つ折にしてください。

ちょっと厚みがあるものは裏に二つ折りにして縫ってください。

前帯を折って下さい。
帯の縫い方はウエストベルトの縫い方と手順は同じです。
アイロンで帯の上下の縫い代を1cm裏へ折って下さい。
半分に折って下さい。
帯を広げて、表にした前だれと紐が表同士が内側になるように重ねてください。

帯の真ん中と前だれの真ん中を合わせて、1cmのところを縫ってください。

この時点で一度結んでみて長さを確認する。

長いようであればお好みの長さ+両端1cmづつ縫い代をつけて切り落としてください

帯の端を裏に折ってください
アイロンの折り目通りに折ってください。

前たれの上の縫い代をくるむようにしてはさみ、端から5mmのところを縫ってください

はきかた

前たれが後ろに来るようにふんどしを腰に当てる。

前で紐を結ぶ。

またの下をくぐらせて前垂れを前に持ってくる。

紐の下をくぐらせて前におろせば完成です

関連型紙

甚平の型紙

狩衣もどきの型紙
袴もどきの型紙

祭りたっつけ袴の型紙

コスプレ用緋袴の型紙

陣羽織の型紙

着物ブラウスの型紙

長羽織もどきの作り方長羽織の型紙

浴衣の型紙

はかま用脇ポケットの縫い方

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト