手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房

English TOPへ はじめに 洋裁初心者講座 洋裁用語

作り方・製図一覧

型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

CGI匠

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > しるしつけ

布への印付けの仕方

translate

簡単に生地に印をつける方法です


JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


お持ちのチャコペンでも良いのですが、このような水で消えるタイプのチャコペンを使用するとはっきりと印を付け易いです。

ピンクより紫の方が消えるのに時間がかかるので、私は紫がオススメ。

早く消したい時は水ですぐ消せます。
線を描くときは太いほう、細は、点描き用です。
ポケットやダーツなど、ポイントで印をつけたい時に使ってください。

素材によっては消えるスピードが結構早いものもあるので、印をつけてから完成までに時間が開く場合は、印をつけた生地を袋に入れて出来るだけ空気に触れないようにするのがポイントだそうです。

ポンチ

型紙の印をつけるための穴を開ける道具です。

不要になったミシン針や目打ちとかでもOKです

ダーツ(つまみ)や型紙の角、ボタンの位置などに穴を開けておきます
この穴から印を写します
生地の上に型紙を重ねて重しを置いて固定します。

洋裁用の重しもありますが、無ければ型紙を写すのに邪魔にならない程度の大きさで重しになるようなものであれば何でもOKです。

型紙のまわりをなぞって、穴から点で印を付けます
 線の内側ギリギリを切ります。

線は型紙の外側に引きますよね?

その線の外側を切るとより大きくなってしまいますので、内側ギリギリを切ると、ズレが少なくなります。


 切り出したら、脇など長い所の縫い位置合わせの印を切り込みで付けておきます。

だいたい縫い代に5〜8mm位の深さで入れておく。

すると下の図のように、位置を合わせるときに切り込み同士を合わせればいいのでズレガ少なくなります

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画
関連ページ

テロテロした生地の裁断方法

接着芯がくっついた

★★★★★★★★★★★★★★



洋裁動画
関連動画

布用チャコペン濃い色用

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング> 印の入れ方
布屋さんリンク

USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画更新履歴
サイトマップフレーム版にする洋裁作り方動画オススメ洋裁の本洋裁質問掲示板
ミシンについて無料の型紙お問い合わせ作品リスト