手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > ファスナーの縫い方

 

見えるタイプのファスナーの縫い方
コンシールファスナー
エフロンファスナーのつけ方はこちら

translate

ファスナーをつけるためにあける部分を直接布に書く。

緑●は必ずファスナーのはばより最低6mm狭くする。

そうしないとファスナーの縫い代が足りずが縫い付けられない。
例(ファスナーのはばが2cmの場合1.4cmより大きくしてはならない)

水色●はお好みの丈
こちらもファスナーのムシ(レール部分)より2cmは短くする

赤●緑●を半分にした長さ



JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


   ミシンの押さえをこのような形のファスナー押さえと取り替える。

メーカーによって多少形が異なりますがファスナー押さえというものです

表を上にして生地を置く。

縫い代の上に、裏を上にしたファスナーを置く。

ファスナーの開きの半分の幅=

と同じ幅分あきの線からはみ出させる。

開きの線の上を縫う。

慣れてない人はミシンで縫うラインより2〜3mm隣を手縫いで大きな縫い目であらかじめ縫っておく

(2cmくらいでOK)

   図のようにファスナーをねじって固定する。

こちら側も上記同様

ファスナーの開きの半分の幅=

と同じ幅分あきの線からはみ出させる。

出来上がりの開きのしるしのところを縫う。
見返しを裏を上にして重ねる
ファスナー開きの線の上を縫う。
糸を切らないように図のように切込みを入れる
見返しを裏側へ折る。
ファスナーを閉じて、赤い部分からファスナーを中に入れる。
表生地を裏が見えるように折る

見返しも裏が見えるように折る

三角形の切込みを固定するように縫う

ファスナー開きのまわり3〜5mmのところを縫う。
洋裁漫画
★★★★★★★★★★★★★★



洋裁動画
関連動画

コンシールファスナーの付け方動画

オープンファスナーの縫い方動画

ファスナー付きポーチの作り方動画

ズボンのファスナー付けの動画

ほつれどめの仕方

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト