手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > フードの製図
スタンドカラーの縫い方2

Translate

後ファスナーの服のスタンドカラーの縫い方です



ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


 見返しを表同士が内側になるように重ね(中表)に重ね肩のところを縫う。
えりの表同士が内側になるように(中表)に 重ねて赤い線のところを縫い合わせます。
縫い目を切らないよう0.2cm程はなれた所で、角を切り落とす。
縫い代を折りたたみ表替えす
角を無理やり出そうとすると、ほつれてきたりします。

角が出ないのは中の縫い代が整っていないからなので、手を中に入れて、縫い代を角の反対側に軽く引っ張ると、角の縫い代が整って、角を出しやすくなります

表に返して、表から0.5cmのところを縫う(ステッチ)
身頃にえりを重ね、5mmくらいの所を縫ってとめておく

縫い代が1cmの型紙は1cmあけておく。
縫い代が1.5cmの型紙の場合は1.5cm開けておく。

は表は裏

表を上にした身頃に、裏を上にした見返しを重ねる。
見返しの端をファスナーの手前5mmで折り返す。
縫ったら縫い代のカーブの所に切込みを入れる。

切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

縫い目を切らないように気をつけてね。

赤紫の部分はファスナーです。


ファスナーを裏に折り返す。
見返しも裏へ折り返す。
えりの縫い目から0.5cmの所を表から縫って見返しを固定する。
手縫いで見返しの端をまつる。

まつり縫い
表の繊維を1〜2本すくい、折り返した縫い代を縫う。
0.5〜1cmおきに同じように表の繊維をすくうの繰り返しで縫っていく。
表に縫い目が目立たない縫い方です。

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト