手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 部分縫い  > いろんな衿の作り方 > 

セーラー服脇あきタイプの作りかた

 

English

    
普通のセーラーカラーの型紙はこちら

デザインを改造するためのパーツもあります


印刷用説明書



布印刷
Contrado.jp

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


ファスナーをつけない場合は持ち出しと見返しを作ってください

小さな単なる四角形なので、接着芯を貼った布に直接布に線を引いて書いた方がゆがまず早く作れます。

3cm幅が見返し

6cm幅が持ち出し

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

布の縫い合わせ方

布はしのほつれどめ

まっすぐ縫う方法

見返しを表同士が内側になるように重ねてください。

肩を縫ってください

縫い代は左右に折ってください
←洋裁用語で割るといいます。


お好みでえりや、胸元の三角の部分とそでくちにラインや柄などを入れてください。

アイロンでくっつく熱接着の両面テープを使うとゆがみにくいです。
(あくまで仮止めとして使い、ミシンで縫いとめてください)
熱接着の両面テープの使い方

2枚を表同士が内側になるように重ねてください
スナップボタンをつけないほうは縫いません。

表にひっくりかえして端から5mmの所を縫ってください。

ダーツ(立体にする為のつまみ)を縫ってください。

ダーツの縫い方

肩の縫い方

身頃を表同士が内側になるように重ねて肩を縫ってください。

縫い代は左右に広げてください。

脇をファスナー開きにする場合
脇を縫ってください。赤いところ。

利き手のほうの脇を上4cmほど(ファスナーどまりのところまで)縫ってください。

青いところにコンシールファスナーをつけてください
つけられない方は持ち出しをつけてスナップボタンをつけてください。

コンシールファスナーのつけ方(イラスト)はこちら

縫い代は左右に広げてください。

脇をスナップ開きにする場合
ファスナーをつけない場合。

持ち出しをつけてください。

アイロンで縫い代を左右に折ってください。

見返しを前見頃に縫ってください。

あきどまり(脇の開いた所の端)から下に向かってLの字に縫ってください

(脇側は1cm、すその縫い代は2cmなので注意!)

持ち出しを裏が見えるように縦半分に折って、上下1.5cmのところを縫ってください。

表側にひっくり返してください。

端から5mmの所を一周縫ってください。

後の脇に持ち出しを重ね縫ってください。

こちらもあきどまりから下を縫いますがL字には縫わなくていいです。

持ち出しを開き、前身ごろをよけて、持ち出しから2mmはなれたところを縫ってください。

前の持ち出しがピラピラしないように1.5cm位のところを表から縫ってください。

あとはスナップボタンをつける。

これでファスナーなしでも大丈夫!

見返しを裏返してください。

すそを折って縫ってください。

↑スナップ開きはここまで↑
ファスナーやスナップ開きではない脇は普通に上から下まで縫ってください。

縫い代は左右に広げてください。

セーラーカラー同士を表同士が内側になるようにに重ねて回りを縫ってください。
このとき図のように「表に見えるほうのえり」を2〜3mm内側にずらしてまち針をさし、しわが入らないように、注意してにして縫ってください。


上記のように表を少し中に入れ込む理由。

えりは実際に人間が服を着たとき、首周りのカーブと肩のカーブにそっています。

外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなります。

なのでその分を補うために2〜3mm表になるほう(外側に折り返すほう)を内側に入れ込んで、長さを調節しているのです。

これをしないと一番下のえりのようにに引きつってえりの先がぴょこっとあがってしまうので注意が必要です。

えりの角など表側にひっくり返したときに、きれいに角が出ない場合

中で縫い代がグチャグチャになっている場合が多いので、指を中に入れて、縫い代を角と反対側に軽く引っ張ってあげると中の縫い代が整って、角が出しやすくなります

表に返して、端から5mmくらいの所を縫ってください。

あまり布のギリギリを縫いすぎると、ミシンの針穴にえりの先が食い込むので注意!!

表にした身頃にえりを表にして重ね、端から5mmくらいの所を縫ってください。
えりを合わせるのは端ではなく出来上がり線のところです
えりの出来上がり線の端がえりくびの

出来上がり線の角に来るように合わせてください

えりの先が縫い目にかかりそうなときは図のように折ってよけてください。

見返しを裏が上になるように重ねてください。

えりぐりを縫ってください。


えりの縫い代に縫い目を切らないように切込みを入れてください
見返しだけ内側に入れてください
セーラーカラーを避けて見返しと身頃に固定してください。

えりくびの縫い目から5mmの所を縫ってください。

えりを避けたまま前あきの三角の布を下に重ねてください。

片側だけ縫い付けてください。
(三角の布は先に裏表縫い合わせてあると仮定しています)

縫い付けなかったほうにはスナップボタンをつけてください。

そでをつけてください。
自分の作りたいデザインの縫い方を選んでください。

↓基本的なそで、はんそでの縫い方はそのまま下へ↓

カフスのあるそでの縫い方はこちら
そで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

ココでギャザーを寄せておかなければ、そのままつけるとあまってしまう筈です。

またそで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になるので、そでぐりより長くし、ギャザーを入れることによって丸みを出して立体的になるように作られているものもあります

こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かっていただけると思います。

ギャザーの縫い方

そでの準備

そでを縫う

そでを身頃につける

この型紙のそで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

そで山にギャザーを寄せると右側のように立体的なそでになります。

表が内側になるように半分に折ってください。

1p幅で縫ってください

そでは表側が見えるようにひっくり返してください。

裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。

脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください

手縫いで端から7mmくらいのところを縫ってください
縫ったら待ち針ははずしてください。

全部を手縫いで作る場合はここは省略してください

端から1cmの所を縫ってください。

縫い終わったら仕付け糸ははずしてください

試着してそでの長さを確認してください。
問題がない場合

アイロンでそで口を2cm裏へ折って下さい。

1.5cmのところを縫ってください。
多少の調整は中に折る縫い代の幅を増減して調整してください

えりの改造方法
セーラーカラーの型紙にテープで紙を貼ってください。
Aの幅は型紙を体に当てて鏡を見ながら決めてください。
※縫い代は省略しています。


改造したら縫い代をつけてください。

襟先を結んだ線を延長して、襟を広げると図のようになります。

※型紙によっては角度が変わることもあります。

えりの先の角度を変えたい場合
紙を足して外側に上がるように線を引くと実際のえりの先も上がります。改造したら縫い代をつけてください

この衣装に適した生地はツイル、カツラギなどの中〜厚地が適しています
素材は綿・ポリエステル(混紡)ウールなど
針は14番が良いと思います

うさこはこちらのツイルを使っています


普通のセーラーカラーの型紙はこちら

セーラー服の改造用型紙上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できます
前ボタン用前身ごろ Mサイズ Lサイズ 前ボタンあきの縫い方

前ファスナー前身ごろ Mサイズ Lサイズ 前ファスナーの縫い方 

 半そでとパフスリーブ Mサイズ Lサイズ パフスリーブの縫い方 半そでの縫い方

シャツスリーブ Mサイズ Lサイズ シャツスリーブの縫い方

シンプルな長袖 Mサイズ Lサイズ 長袖の縫い方

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト