手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 洋裁作り方一覧 > 部分縫い  > いろんな衿の作り方 > 

衿の縫い方 パターン2

これはセーラーカラーですが、他のフラットカラーなどの衿も同様につけられます。
あと他にも衿を付ける方法があるのですが、また今度。

セーラーカラーにラインや模様を入れたいときは、
縫い合わせる前に、接着芯をはった後すぐに付けると楽です。

Translate

 
えりの大きなセーラーブラウスの型紙
普通のセーラーカラーの型紙はこちら

  



JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。


模様とかをつけたい場合はこの時点で入れてください。

お好みで胸元の三角の部分とそでくちにラインや柄などを入れてください。

アイロン両面接着テープを使うとゆがみにくいです。
(あくまで仮止めとして使い、ミシンで縫いとめてください)

見返しを表同士が内側になるように重ねてください。

肩を縫ってください。

縫い代は左右に折ってください
←洋裁用語で割るといいます。

2枚を表同士が内側になるように重ねてください。
スナップボタンをつけないほうは縫わない。

表替えして端から5mmの所を縫ってください。

見返しの衿首に表に来る衿を表同士が内側になるように重ねて縫ってください。
縫い代は左右に折ってください

えりの縫い方動画(バイアステープを使った付け方)

表にしたえりのうえに裏を上にした見返しを重ねてください。

えりくびを縫ってください。

縫い目を切らないように、カーブに切込みをギリギリまで入れてください
身頃を表同士が内側になるように重ねてください。

肩を縫ってください。

縫い代は左右に広げてください。

身頃とえりを表同士が内側になるように重ねてください。

えりくびを縫ってください

縫い目を切らないように、えりのカーブに切込みをギリギリまで入れてください。

見返しを縫いつけたえりを、身頃の上に表同士が内側になるように重ねてください。

えりと見返しを縫ってください。

えりの角等表側に返したとききれいに角が出ない場合

中で縫い代がグチャグチャになっている場合が多いので、指を中に入れて、縫い代を角と反対側に軽く引っ張ってあげると中の縫い代が整って、角が出しやすくなります

見返しを中に入れてください。
脇を縫ってください。
見返しと衿を表側に返してください。

端から5mmの所を縫ってください。

セーラーカラーを避けて見返しを身頃に固定してください。

えりくびの縫い目から5mmの所を縫ってください。

えりを避けたまま前あきの三角の布を下に重ね、縫ってください。
(三角の布は先に裏表縫い合わせてあると仮定してます)

前あきがないタイプ(脇ファスナーなどでかぶって着る)

両肩を縫ってください。

縫い代は後に折ってください
洋裁用語では倒すといいます

セーラーカラー同士を表同士が内側になるように重ねてください。

えりくび以外を縫ってください。

このとき図のように「表に見えるほうのえり」を2〜3mm内側にずらしてまち針をす。

しわが入らないように、目打ちなどで押し込みながら縫う。

表に返して、端から5mmくらいの所を縫う




上記のように表を少し中に入れ込む理由。

実際に人間が服を着たとき、えりは首周りのカーブと肩のカーブにそっています。

外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなります。

なのでその分を補うために2〜3mm表になるほう(外側に折り返すほう)を内側に入れ込んで、長さを調節しているのです。

これをしないと一番下のえりのようにに引きつってえりの先がぴょこっとあがってしまうので注意が必要です。

表にした身頃にえりを表にして重ねてください。

端から5mmくらいの所を縫ってください。

見返しを表同士が内側になるように重ねてください。

肩を縫う。

縫い代は左右に広げる。

見返しをえりに重ね、見返しの裏が上になるように重ねて縫ってください。

えりの縫い代に縫い目を切らないように切込みを入れてください。

見返しを身頃の中側に入れてください。

セーラーカラーを避けて見返しを身頃に固定してください。

えりくびの縫い目から5mmの所を縫ってください。

えりを避けたまま前あきの三角の布を下に重ねてください。

片側だけ縫い付けてください。
(三角の布は先に裏表縫い合わせてあると仮定してます)

縫い付けなかった方にスナップボタンをつけて下さい

スナップボタンのつけ方動画

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト