手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 人服 > エプロン > エプロン各種製図
エプロン各種

表  

接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
型紙に指定された所の裏に接着芯を付ける

くわしくは縫う前の下準備を参照

あると便利な道具
ロータリーカッター
カッティングマット 縦1.2mサイズ
カッティングマット 縦1.8m

初心者向けソーイングブック
ソーイング    Heart warming life series―基礎シリーズ
縫い方が分からない!
基礎から勉強したいというあなた!
とりあえずこれを買うべし!
あっそうなんだという基本的なことが書いてあるので、これがあればあなたも洋服が作れます。しかも色んな服の部分縫いが画像付きで解説してあるので分かりやすいのです!
当サイトからも相互リンクさせていただいている、洋裁の世界では有名なクライムキさん著の本です!

ムキ先生に許可を頂いて、どんな本か中身をちょっとだけ見れるようにしました




ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い

布印刷
洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


布はしのほつれどめ
ギャルソンエプロン

横幅は H(ヒップ)+2cm
は作りたい丈+3cm。

縫い代コミです(縫い代は上が1cm、脇と裾が2センチ含まれています)

メンズの場合は紐などは腰で巻かれる方が多いので、ダーツは入れなくてよいです。


中心のパーツ
横幅はH(ヒップ)-10センチ

両脇のパーツ
62センチ(これは2枚取ってください)
ベルト。

長いので3つのパーツで取ってください。

生地が足りない場合は、
(ヒップ)÷2-6センチと
60センチに分けて取ってください



1 ベルトを縫い合わせる。

アイロンで縫い代1センチをる。

さらにそれを半分に折って、折りクセをつける。

2 ダーツを縫います。
つまみの中心から中表に折りたたみ(青の線)、裏側から縫う(赤の線)。
前掛けの後の縫い代を後ろに三つ折して縫う。

すそも三つ折して縫う。


4 表が上になるように置いた前掛けに裏が上になるようにベルトを重ねる。

前掛けとベルトの中心を合わせる。

ベルトと前掛けを縫う。

5 ベルトの中央の折り返し線で裏側に折り返し端から1cmを縦に縫う。

6 表にひっくり返して端から5mmの所を縫う。

これだけで完成です。

お好みでポケットをつけても良いですね。

そのほかのエプロンの型紙

エプロンドレスの型紙エプロンドレスの型紙

フリフリエプロンの型紙フリフリエプロンの型紙

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画

洋裁動画

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト