手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング  > ハイネックの切替ジャケットの縫い方

ハイネックの切り替えジャケット前ボタンタイプの縫い方 ファスナータイプの縫い方はこちら



ハイネックの切り替えありジャケット

このデザインに使いやすい生地

ウール大体学生服などはウールや、ウールと化繊の混紡のものが多いですね
一見1mあたりの単価が高いのですが、横幅が綿などに比べ広い為少ない量ですむので、結果物によっては綿より安づく事も。

カツラギ ツイルに比べ厚いのでがっちりとした風合いになります。
厚いので針を16番などの太いものに替えることをおすすめします。

ツイル中厚地の生地なので縫いやすいです。カジュアルでザクッとした感じのデザインにしたいときにどうぞ。

必要な生地の量は、布の幅によって変わってくるので、デザイン画を持って行けばお店によっては店員さんが計算してくれたりしますよ。

ハイネックの切り替えありジャケットの作り方説明書
印刷用説明書




ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


型紙の前のラインは赤い線で切るとファスナータイプ

切らずに使うとボタン(重なりのある)タイプになります。

ファスナータイプの縫い方はこちら

型紙のすその複数の線について。

選ぶすそによって丈の長さを変えることが出来ます。

実際に型紙を体にあてて鏡などで確認して作りたい長さを決めてください

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表側  裏側  接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

布の縫い合わせ方

布はしのほつれどめ

中央とを脇を前後の身頃(胴体)を表側同士が内側になるように重ねて1cmの幅で縫ってくさい。(中表といいます)

縫い終わったら縫い代をアイロンで左右に折ってください。
お裁縫の用語で割るといいます。

中央の部品と脇の部品のところは縫う場所と縫い代の端の長さが異なるので、端を合わせると長さが合いません。

そこで合わせるのは端ではなく出来上がり線をあわせます。

脇の縫い代は出来上がり線より長いので図のように少し浮きますが浮くのが正解です。

待ち針を深く刺すと引きつったり縫うときに余計な部分を縫い込んだりしやすいので、出来上がり線の上を1〜2mm刺すと縫いやすくなります。

例 ピンク(出来上がり線)の長さは等しい。
青(縫い代の端)はピンクの線に比べ、前中央側は短く、脇側は長くなる。

すそが広がっている部分も縫い代と出来上がり線が長さが違うので図のように斜め(赤い線)に縫ってください。
見返しを表が内側になるように重ねて中心側をぬってください。
前と、後の見返しを表が内側になるように重ねて肩を縫ってください。
シャツカラー2見返しの縫い方

肩の縫い方

前後の身頃(胴体部分)を表同士が内側になるように重ねてください。

肩と脇を縫ってください。

えりを表同士が内側になるように重ねてください

赤い線の所を縫ってください。

えりの角の縫い目から2mm離れた所を切り落とす
表返す時に図のように縫い代をたたんで、縫い代を押さえながら表に返すと角が綺麗になります。

表替えして端から5mmの所を縫ってください。
身頃の衿ぐりに衿を重ね、5mm位のところを縫ってください。

中心側1p(縫い代)はあけてください。

見返しを重ね身頃、衿、見返しを重ねた状態で1cmのところを縫ってください。
見返しのすそは2p幅で縫ってください
カーブの所は切込みを忘れずに。

切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

角の縫い目から2mm離れた所を切り落とす

見返しを裏へ返し、えり首の縫い目から5mmの所を縫ってください。
ボタンホールをあけてボタンをつけてください
ボタンホールはお手持ちのミシンの説明書をご覧下さい

(ミシンによって異なります)

ミシンがない方はスナップボタンをつけて、ボタンは飾りにする、という手もあります

ジグザグ縫いで作るボタンホールの縫い方とボタンつけはこちら

  

アイロンですその縫い代を折ってください。

縫い代の幅より0.3〜0.5mm短めの所を縫ってください。

裏の見返しの端をまつっておくとより綺麗に裏の始末が出来ます。
まつりぬい。

表の繊維を1〜2本すくい、折り返した縫い代を縫ってください。
0.5〜1cmおきに同じように表の繊維を救うの繰り返しです。

まつりぬい
まつり縫いのしかた
またそで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になるので、そでぐりより長くし、ギャザーを入れることによって丸みを出して立体的になるように作られているものもあります

こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かっていただけると思います。

ギャザーの縫い方

そでの準備

そでを縫う

そでを身頃につける

表が内側になるように半分に折ってください。

1p幅で縫ってください

そでは表側が見えるようにひっくり返してください。

裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。

脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください

手縫いで端から7mmくらいのところを縫ってください
縫ったら待ち針ははずしてください。

全部を手縫いで作る場合はここは省略してください

端から1cmの所を縫ってください。

縫い終わったら仕付け糸ははずしてください

試着してそでの長さを確認してください。
問題がない場合

アイロンでそで口を2cm裏へ折って下さい。

1.5cmのところを縫ってください。
多少の調整は中に折る縫い代の幅を増減して調整してください

肩パットのつけ方

同じ型紙で作った服の肩パットの有無の比較写真を撮ってみました。

自分の作りたいシルエットに近いもので作ってください。

肩パット+芯をつけると、市販のスーツのように肩が丸く柔らかく仕上がります。

ドミット芯とは目の詰まったわたのシートです。

キルト芯よりも密度があってしっかりしています。

ドミット芯をつける場合は

横20cm縦3cmに切ってください

角があると表に形がひびくので、角を丸くしてください。

そで山に角を落としたほうが袖口側に向くようにドミット芯をつけてください。

服を裏返した状態で袖の中にドミット芯をつけてください。
縫う場所は縫い代より外側を縫ってください。
縫い方は手縫いでどんな縫い方でも構いません。
ただ、出来るだけ布に対して垂直になるようにして縫ってください。
肩パットは物にもよりますが左右対称ではないものは厚みがある方が前、薄い方が後です。

肩山も中央ではないので、中心より1cm前側に印をつけて、そこを肩の縫い代にあわせてください。す

トルソーをお持ちであればトルソーに着せて、しわが入らないようにピンで固定してください。

ポイントは肩パットを出来上がり線より5mmはみ出させる事とです。

これで袖が肩パットの上にのって丸くなります

手縫いで返し縫いをしてそでぐりの縫い代に肩パットを縫い付けて下さい。

反対側は手縫いで3〜4回肩の縫い代に縫い付けてください。

   


ハイネックの切り替えありジャケット

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画 洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト