手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング  > 裏付きハーフジャケットの作り方

裏付きハーフジャケットの縫いかた.

Translate


この衣装の型紙はこちら

初心者向けソーイングブック
Heart warming life series―基礎シリーズ

縫い方が分からない!
基礎から勉強したいというあなた!
とりあえずこれを買うべし!
あっそうなんだという基本的なことが書いてあるので、これがあればあなたも洋服が作れます。しかも色んな服の部分縫いが画像付きで解説してあるので分かりやすいのです!
当サイトからも相互リンクさせていただいている、洋裁の世界では有名なクライムキさん著の本です!



JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

布の縫い合わせ方

布はしのほつれどめ

裏地を取るときは、5mmくらい大きめにとっておくとあとが楽です。

どうしても裏地はテロテロしているので、綺麗に裁断したつもりでもずれが出て小さくなっていたりします。

大きい分を調節することは簡単ですが、小さいものを大きくするのは難しいので、裏地だけはちょっと余裕を持っておくと綺麗に仕上がりますよ!

後ろ身頃のダーツを縫ってください。
(このデザインに関してはダーツを縫ってからほつれどめをしたほうが良いです)

ダーツは後中心に向けて折ってください。

ダーツの縫い方
身頃同士を表同士が内側になるように重ねて、後中心を縫ってください。

縫い代は左右に折ってください。

表側同士が内側になるようにに重ねてください。

身頃(胴体)の肩と脇を1p幅で縫ってください。

同様に裏地も縫ってください。

肩の縫い方
裏地を縫う

接着芯をはった見返しと、前身頃裏地を縫ってください。

あとは表地と同じように後ろ身頃ダーツ→後ろ中心→肩と脇を縫ってください。

どちらが表から見えるえりか、裏に隠れるえりかわからなくなりやすいので、しつけ糸などで、裏に隠れる方のえりに印をつけてください

後で抜くので玉止めは不要です。

イラストと動画のやり方が違うものもありますが、動画と平面のイラストだとわかりやすい表現が異なることがあります。
どちらでも完成しますので、自分が理解できたほうで作ってください。

シャツカラー2見返しの縫い方

シャツカラー4 表えりの縫い方

 

えり先のゆるみを作ってください。

表に見えるほうのえり」(印の付いていない方)を2〜3mm内側にずらしてまち針をさしてください。

 図1
 図2
えりのゆるみを作る理由。

このタイプのえりは図のように表に折り返すためのカーブと
首にそったカーブ(図1)がありますね?

外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなります。

なのでその分を補うために2〜3mm表になるほう(外側に折り返すほう)を内側に入れ込んで、長さを調節する必要があります。

これをしないと図2の右のえりのように引きつってえりの先がぴょこっとあがってしまうので注意が必要です。

シャツカラー5 表えりのフチを縫う
縫うときは印をつけているほうを上にして縫うと、ミシンの送り歯(布の下にくるギザギザの部品)がしっかり後に送ってくれるのでずらした分を均等に分散してくれて綺麗に縫えます。
表に返して5mmの所を形が崩れないように表から縫ってください。
印がある方へえりに付ける部分の縫い代を折ってください。

この時えりがずれます。
このずれが折り返しの緩みになります。

えりの端を折ったまま端から0.5cmの所を縫ってください。

裏地をつける前にえりを表地に縫い付けます。

身頃の表の上にえりの表に見えるほう、グリムジョーだと黒い面を上にして重ね赤い線のところを縫う

仮止めなので、5mmくらいのところを縫っておきます

※)見やすいように開いて書いていますが、実際は肩を縫ってます

えりをはさむように、上から裏地を重ね、えり首と前中心を縫います

なおこの時、裏地を大きめに切っているので裏地のほうが長いと思います。

裏地などの薄い生地は縫い目の長さが長いと細かいしわが入ったりしやすいです。
ミシンで作る場合、縫い目の長さを2くらいの細かさにしてください。

また針が磨耗していると繊維を断ち切って伝線しやすいです。
そのため針は薄地用の新しいものに交換をオススメします

裏地を綺麗に仕上げるコツ

縫い代の幅は1.5cmありますが1p幅で縫ってください。
5mmの差が調節用の余裕になります。

5mmほど縫い代より内側をアイロンで折ってください。

アイロンの温度は中〜低温で。
温度が高いと素材によっては縮んだり、引きつったりすることがあります。

折り目を広げないように気をつけて生地を広げて、続きの作業をしてください
市販の裏地のついた洋服を見ると、同様に折り目をつけて裏地に余裕を持たせているのを確認することが出来ますよ。

この折り目に余裕を持たせることをお裁縫用語で「キセをかける」といいます。
裏地は裁断している端からずれやすいので縫い合わせる相手の場所にあう長さになるように臨機応変にずらしてください

すそを縫います

ここのカーブは縫い目を切らないように切込みを入れておきましょう

切込みを入れたら表に返します。

表に返えすまえに、えりのところのカーブも切込みを忘れずに。

切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

表からえりぐり、前中心、すそと、ぐるっと一周ステッチをかけて押さえます

袖ぐり(青い線の所)は表地と裏地を合わせてずれないように、はしから5mm位の所を仮止めしておきます

そでの準備

ギャザーの縫い方

そでを縫う

そでを身頃につける

動画は裏地のないタイプのそでですが、そでを胴体に縫い付けたりするところのイメージがつかみやすいと思います

そで山にギャザーを寄せてください。

この型紙のそで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

そで山にギャザーを寄せると右側のように立体的なそでになります。

そして裏の方の長く残しておいた糸だけを引っ張りギャザーを寄せます。
(これを一度覚えておくとスカートやいろいろな事に応用がきくので、是非チャレンジしてみましょう!)

裏地も同じようにギャザーを寄せてください

【重要】 必ず糸調整を元に戻してください。

2枚のそでを表側が内側になるように重ねて両脇を縫ってください。

同じように裏地も縫ってください。

アイロンでそで口を出来上がり線で折ってください。
裏地のそで山の縫い代をアイロンで裏側へ折ってください。
裏地と表地を内側どおしが表になるように重ねてください。

表と裏地のそで口をあわせて1cmで縫ってください

表がえして、アイロンの折り目通りにそで口を折ってください。
そでを身頃の中に入れて、そで山と脇をピンでとめてください。
ギャザー縫いの糸を引っ張って長さを調節しながら均等にピンを刺してください。
慣れていない人は端から7mmのところを仕付け糸で縫ってください。
ミシンで1cmの幅で縫ってください。

ミシンで縫ったらしつけ糸は抜いてください。
縫い代はそで側に折って下さい。

裏地のそで山を表地のそでの縫い代を覆うように待ち針で身頃のそでのカーブにとめてください。

手縫で表に目立たないように裏地をぬいつけてください。

裏に隠れる部分なのでしわはあまり気にしなくていいです。

それより縫い代を余分に取りすぎて、引きつらないように注意してください。

 


裏つきショートジャケットの型紙

このデザインに使いやすい生地

うさこはこちらのツイルを使っています
この生地なら←こういう配置にするとMサイズなら1.1mで作れます。

私初心者なのできるの間違えたら怖いなあという方は
プラス1m買って置くと、ギャーきらなくていいところ切っちゃった!
間違って後ろ見ごろ4枚もとっちゃった!
なんてときにあわてずにすみます。

同じ生地で袴もどきを作るときは
+2.5m

ツイル中厚地の生地なので縫いやすいです。カジュアルでザクッとした感じのデザインにしたいときにどうぞ。

あと、裏地と接着芯などが必要です

必要な材料がそろったキットを用意いたしました

必要な生地の量は、布の幅によって変わってくるので、デザイン画を持って行けばお店によっては店員さんが計算してくれたりしますよ。

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画 洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト