手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 婦人服> ジャケット・コート > ダッフルコートの縫い方

ダッフルコートの作り方

Translate


ダッフルコートの型紙
※この型紙は生地が厚いことを考慮して指定がない場合は1cmです

印刷用説明書ダウンロード


今日買って明日届くキャラヌノ
キャラヌノ

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏 

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

布はしのほつれどめ

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

肩当てのパーツのカーブにギャザーをよせてください

手縫いで赤の線のところを2本縫って引っ張ると縮めることが出来ます

1p幅で裏へ折ってください。

前身頃(胴体)に肩のパーツを重ねて端から5mmのところを縫ってください。
中央の部品と脇の部品のところは縫う場所と縫い代の端の長さが異なるので、端を合わせると長さが合いません。

そこで合わせるのは端ではなく出来上がり線をあわせます。

脇の縫い代は出来上がり線より長いので図のように少し浮きますが浮くのが正解です。

待ち針を深く刺すと引きつったり縫うときに余計な部分を縫い込んだりしやすいので、出来上がり線の上を1〜2mm刺すと縫いやすくなります。

例 ピンク(出来上がり線)の長さは等しい。
青(縫い代の端)はピンクの線に比べ、前中央側は短く、脇側は長くなる。

前と後身頃(胴体)を表同士が内側になるように重ねて1cmで縫ってください。
縫い代を後身頃側に折ってください。

縫い目から5mmのところを縫ってください。

ポケットのふた2枚を表同士が内側になるよう重ねてください。
ポケットのふたは折り曲げるので折り曲げるためのゆるみを作ります

カーブのない辺の縫い代を折り曲げて、2枚だけ待ち針を刺してください

待ち針を刺したまま折り目を戻すとゆるみの入った状態で2枚を固定できます。

ダブつきのあるほうを下にして橋から1cmのところを縫ってください。

縫った所の縫い代を5mm幅に切ってください。(上側は切らない)

表にひっくり返して端から5mmのところを縫ってください。
ポケットを作ってください。
ポケットはお好みで。

アイロンで縫い代を裏側に2.5cm折ってください。
2cmの所を縫ってください。

アイロンで下と左右の縫い代を裏側に1p幅で折ってください。

布を均等に折る方法

表側を上にした身頃(胴体部分)の上に、表を上にしたポケットを重ねてください。

ポケット口は力がかかりやすいのでポケットの上側を図のように横に2〜3度返し縫いをして斜めに縫い戻るという縫い方をしておくと、丈夫になります。

前後の肩を縫ってください。

後身頃(胴体)を表側同士が内側になるように重ねて1p幅で縫ってください。
縫い代をどちらか片方に折ってください。
表側が内側になるように重ねてください。

肩を1cm幅で縫ってください。

縫い代を後ろ側に折ってください。

縫い目から5mmのところを縫って縫い代を固定してください。

フードの横と後中心を表同士が内側になるように重ねて1cmで縫ってください。
縫い代を後中心に向かって折ってください。

縫い目から5mmのところを縫ってください。

前側のフードを横と後中心に表側同士が内側になるように重ねてください。

1cm幅で縫ってください。

縫い代は後フード側に折ってください

見返しと前側のフードを表同士が内側になるように重ねてください。

1p幅で縫ってください。

縫い代は左右に広げてください。

身頃(胴体)とフードを表同士が内側になるように重ねてください。

1p幅で縫ってください。

フードと身頃にフード前と見かえしを重ねてください。

1p幅で縫ってください。

フードのカーブのきついところの縫い代を5mm幅に切ってください。

縫い目を切らないように切込みを入れてください。

切らないと引きつります

見かえしを裏側へ折ってください。

端から5mmのところを縫ってください。

すその縫い代を3cm裏側に折ってください。

端から2.5cmのところを縫ってください

フードの前側とフードの見かえしを重ねて縫い目から5mmのところを縫って固定してください。
前の中心から5cmくらいのところを縫って見かえしを固定してください。
ダッフルコート用のボタンを用意してください
ダッフル・トグル・トックルボタンで検索すると色々な形のものを探すことができます。
レザーの縫いつける部分がついているものと、ボタンだけのものがあります。
ボタンだけのものは別途紐も必要です

ボタンだけのタイプは実際にボタンを引っ掛けて長さを確認して縫い代分両端1cm長く紐を切る。

一度逆向きにおいて縫ってください。
折り返してもう一度縫うと2度縫いになるので取れにくくなります

合皮つきのものは、合皮の端から1〜3mmのところを縫ってください

タブを2枚内側同士が表になるように重ねて1p幅で縫ってください。
縫い代を5mm幅になるように切ってください
表にひっくり返して端から5mmのところを縫ってください
ボタンを飾りにする場合はボタンホールはあけなくていいです。
ちゃんとボタンを通したい場合はここにボタンホールをあけてください。
表にした外そでの印の所に重ねて端から5mmのところを縫って固定してください。
そで山にはそでを立体にする為に余裕が入れられています。

ココでギャザーを寄せておかなければ、そのままつけるとあまってしまう筈です。

またそで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になるので、そでぐりより長くし、ギャザーを入れることによって丸みを出して立体的になるように作られているものもあります

こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かっていただけると思います。

ギャザーの寄せ方

 ミシンの縫い目の長さを長くしてください。

そでの準備

ギャザーの縫い方

そでを縫う

そでを身頃につける

ミシンの上の糸調整を元に戻してください。

2枚のそでを表側が内側になるように重ねて両脇を1p幅で縫ってください。

同じように裏地も縫ってください。

アイロンでそで口を出来上がり線で折ってください。

そでは表側が見えるようにひっくり返してください。

裏返したままの身頃の中にそでを入れてください。

脇→肩→印という順に待ち針を刺してください。
そでの山のギャザーの糸を引っ張って長さを調整してください

手縫いで端から1.3mmくらいのところを縫ってください
縫ったら待ち針ははずしてください。

全部を手縫いで作る場合はここは省略してください

端から1cmの所を縫ってください。

縫い終わったら仕付け糸ははずしてください

試着してそでの長さを確認してください。
問題がない場合

アイロンでそで口を3cm裏へ折って下さい。

2.5cmのところを縫ってください。
袖の丈の調整は中に折る縫い代の幅を増減して調整してください

お好みでそでにボタンをつけましょう


ピーコートの型紙

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画 洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト