手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング >   背中あきベストの作り方

背中開きベストの縫い方

Translate

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。


印刷用説明書ダウンロード



ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


布はしのほつれどめ

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

ベストの縫い方

型紙にある複数の線は簡単に丈を変更できるように書いてあります。

型紙を体に当てて自分の作りたいイメージに近い線で作ってください。

 後のウエストの調整用のベルトを作ってください。

縫い代を折り、さらに半分に折ってください。

紐帯の縫い方
表に出る片方の先の縫い代を縫ってください。

反対側はダーツの中に隠れるので縫わなくてよい。

表がえして下を縫ってください

2本作ってください。

移動カン

片方に移動カンを付けてください。
ベルトの端をダーツの中央の1〜2mm手前の所に合わせて、端から2mmくらいの所を縫ってください

(ダーツの中央から1〜2mm離すのは厚み分を考慮して)

前と後身頃(胴体部分)のダーツ(立体にするためのつまみ)を縫ってください。

ダーツを半分に折ってくの字に縫ってください。

ダーツの縫い方
前見頃に後見頃と後のえりのパーツを表同士が内側になるように重ねてください。

肩と片側の脇を縫ってください。

同様に裏地も同じように縫ってください。

縫い代は広げて折ってください

表地と裏地を表同志が内側になるように重ねて縫ってください。
切り込みを入れてください。

切込みを入れず裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

表側に返してください。

アイロンをかけて形を整えてください。

上の図の赤い部分を縫って下さい。

脇を広げます。

表地の前身頃と後見頃の脇を縫います

表側にひっくり返してください。

ひっくり返したところを手縫いで縫って固定してください。

端から5mmのところを縫ってください。

ボタンホールを開けてボタンを付ければ完成です。

ボタンホールの開け方はミシンによって全く違うので、説明書を見てね。


背中あきベストの型紙

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画 洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト