手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房

English TOPへ はじめに 洋裁初心者講座 洋裁用語

作り方・製図一覧

型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

CGI匠

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > スーパードルフィーのお洋服の作り方 > アシンメトリーエプロンの作り方(ドール用)


アシンメトリーエプロンの縫い方(スーパードルフィー用)
Translate

イラストの赤い部分の所をほつれ止めをしてください。 ドール用アシンメトリーエプロンの説明書をダウンロード
説明書をダウンロードする



JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  
裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

洗濯をしないのであれば、木工用ボンドを水で薄めて塗ってもほつれどめになります。

ヒートカットによるほつれどめ

※化繊限定です


肩紐の縫い代をアイロンで裏に折ってください。
さらに半分に折ってください。
見返しと書かれたパーツを表側同士を内側に重ねて脇を縫ってください。縫い代は左右折ってください。
表を上にした前身頃に裏を上にして後身頃を重ね、脇を縫ってください。

この時に脇の糸を引っ張ってギャザーをよせてもよい。
縮めなくても良いです。お好みで

フリルの横とすその縫い代を折って縫ってください。
上の縫い代にギャザーを寄ってください。
ギャザーの縫い方

エプロンのすその印と、フリルの印を合わせてピンでとめて、ギャザーの長さを調節して縫ってください。
表を上にした見頃に、裏を上にした見返しを重ね、首の所を縫ってください。
えり首に切り込みを入れます。

縫い目を切らないように縫い目の1〜2mm手前でとめておいてくださいね

肩の縫い目を広げて先の方だけアイロンで縫い代を左右に折ってください。
→  広げた肩の先に、先ほど折り目を付けた肩紐をひろげて縫ってください。

縫ったら広げて縫い代を左右に折ってください。

前後の見頃と見返しを合わせて赤い所を縫ってください。

カーブに切り込みを入れてください。


肩紐の先を縫ってください。

縫い代はアイロンで折った通りに折ってください。

真中の折り目は逆に折ってください。

先の縫い代を縫ってください。

肩紐の先を、肩の縫い目の間から中に入れて表替えしてください。
アイロンで縫い代を内側に倒してアイロンで押さえて型を付けてください。

エプロンのまわりを端から3mm位の所を1周縫ってください。

スナップボタンを縫いつけたら完成です。

   
   
スナップボタンのつけ方

SD女の子アシンメトリーエプロン

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画

洋裁漫画

洋裁動画

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト