【おさいほう漫画】型紙を補正(自分サイズ調整)にしよう

洋服の微調整の仕方を覚えておくと、自分のジャストなサイズの型紙がなくても、多少の操作で自分サイズに作ることができます。

ただし洋服には体を動かすための余裕が含まれています。
特にコスプレをされる方は出来るだけ体にぴったりそうようにとギリギリまで余裕を落とそうとする人がいますが、余裕をなくすと腕が上げられずポーズが取れなくなったり、体に食い込んだりと着たときに支障がでますので、注意してください。




拡大縮小での型紙サイズを変更したい場合の自動計算


↑この誤差が大きいと丈が長くなってしまうので+-2cm越えるようであれば、拡大縮小は丈の誤差2㎝いないでおさえ、上記の通りに紙を足す方式で拡大するといいと思います。

子供サイズも拡大縮小してつかえますか?

型紙によっては多少の改造で使えるものもあります。
完成報告のコメントを見ると縮小で作られている方も実際にいらっしゃいます。

実際に婦人Mの型紙を子供用110cmの型紙に重ねて検証してみました


細かい所は子供専用に作られたものに比べぴったりではないものの、目をつぶれる範囲。
※袖等の丈は短くする必要あり。
ウエストをしぼらなければ、つかえる型紙の幅が広がるのではないでしょうか?

縫い代も縮小されるので縫い代を1cm平行に書き直してください。

洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。
大歓迎です。
同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする