背中の開いたベストの縫い方【おさいほう】

背中あきベストの型紙型紙を見る

印刷用説明書ダウンロード

型紙の線の意味

型紙にある複数の線は簡単に丈を変更できるように書いてあります。

型紙を体に当てて自分の作りたいイメージに近い線で作ってください。

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は布を切る前に先に貼ってください。

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

画像の色の説明

ベルトを縫う

縫い代を1cm裏側に折ってください。

半分に折ってください。


表に出る片方の先の縫い代を縫ってください。

反対側はダーツの中に隠れるので縫わなくてよいです。


表側にひっくりかえして端から2~5mmの所を縫ってください

2本作ってください。

後身頃にベルトをつける

ベルトの端をダーツの中央の1~2mm手前の所に合わせて、端から2mmくらいの所を縫ってください

(ダーツの中央から1~2mm離すのはベルトの生地の厚み分があるからです。)

ダーツを縫う

ベルトをはさんだ状態で前と後身頃(胴体部分)のダーツを縫ってください。

ダーツを半分に折ってくの字に縫ってください。

肩と脇を縫う

前見頃に後見頃と後のえりのパーツを表同士が内側になるように重ねてください。

肩と片側の脇を1㎝幅で縫ってください。
ひっくり返すため反対の脇は縫いません。

同様に裏地も同じように縫ってください。

縫い代は広げて折ってください

周りを縫う

表地と裏地を表同志が内側になるように重ねて縫ってください。

切り込みを入れる

切込みを入れず裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)


表側に返してください。

アイロンをかけて形を整えてください。

脇を縫う

脇を広げてください。
表地の前身頃と後見頃の脇を表側同士が内側になるように待ち針でとめてください。
縫い始めは裏側1~2cmの所から縫い始めて上の図の赤い部分を1㎝縫って下さい。
縫い終りも裏側1~2cmの所まで縫ってください。



表側にひっくり返してください。
ひっくり返したところを手縫いで縫って固定してください。

フチを縫う


端から5mmのところを縫ってください。

ボタンホールを開ける

ボタンホールはお使いのミシンによって異なるのでミシンの説明書をご覧ください。

前の開きを男前(右前)、女前(左前)にするかについて

左右対称なので試着して、外側になるほうがボタンホール、内側に重なる方にボタンをつけてください。

説明書をなくした場合はミシンメーカーの公式サイトにある場合もあります。

【おさいほう】ジグザグ縫いで作るボタンホールの作り方とボタンの付け方
ジグザグのできるミシンならどれでもできるボタンホールの作り方とボタン付け方 ボタンホール押さえをなくしたよ~というときに活用ください

見つからなかった場合は、ジグザグ縫いで作るボタンホールの縫い方を参考にしてください。
ボタンの付け方もここにあります

移動カンをつける

試着してベルトのどの位置に移動カンをつけるか印をつけてください。

こういうベルト金具をつけてください

中央の金具の上を通るように紐を通してください。


裏返して端を折って縫ってください。

金具の近くを縫うとミシンの押えが金具に当たるので

ボタンホールの開け方はミシンによって全く違うので、説明書を見てね。


背中あきベストの型紙

デザインが改造出来る交換型紙 無料

上記の型紙のそでやえりの型紙を入れ替えるだけでデザインを変更できます

※必ずPCに保存してからアドビリーダーで開いてください。(ネット上で開くと勝手に縮小印刷されます)

上記の型紙に組み合わせてデザインを変更できます

の型紙

いるもの

□ 表生地


オススメの生地

ポリエステルツイル
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

ポリエステルギャバ
ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。
軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。

綿ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

マットサテン光沢の押えられたサテン。
反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするのでこの方法で確認すると確実です。
布を切るときの効率的な配置も分かるのでお勧めです。

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー