【おさいほう】テーラードカラーのベストの縫い方。

襟を縫う

えりをつけてください。

テーラードカラーの縫い方動画その1

その2 1:24位までを参考にしてください

型紙のえり首の印を忘れずに切込みで入れてください。
えりの印と、身頃(胴体)の切り込みの位置があうように、真上からまっすぐ針を刺して固定してください。



  縫い始めは手動で、丁度付けた印の交点に針が落ちるようにミシン針をおろして縫い始める。

縫い終わりも縫いすぎないよう注意して、スピードを落とすか、手動でぴったり交点まで縫います。

この印の交わった点が交点。
ここから縫い目がはみ出すとえりの形がいびつになるので、ゆっくりでもいいので位置を合わせておく。

縫いなれていない人は、ミシンで縫う出来上がり線より2~3mm離れた所(青い線)を手縫いで縫っておくと、縫いやすいですよ。


 
そのまま続けてえりぐりを縫うと、引きつってしまうので、裏返して、前身頃の角に縫い目を切らないよう気持ち1ミリ残す感じで切込みを入れます。
(えりの縫い代は切らなくてよいです)


出来るだけずれたりしないように角がきちっと合うように縫ってください。
重なったりずれたりすると表から見たとき引きつったように見えます。

また、余分な生地を縫いこんだりしないように、2番の図のように生地をたたんで、出来るだけまっすぐな状態にして縫うと綺麗に縫えます。


カーブの所は引きつったり重なりが出てきごこちが悪くなりやすいので、ぬいしろに浅く切込みをいれてください。



アイロンで縫い代を左右に折ってください。
←お裁縫の用語で割るといいます


裏側の生地にも同様にえりをつけてください。


裏側の生地にえりをつけたら内側同士が表(中表)になるようにに身頃とと裏側の生地を重ねてください。


折り曲げたときに生地の厚みでずれが生じます。
そのズレを考慮せず作ると引きつる原因になります。

たとえると本を閉じた状態だと端はまっすぐですよね


でもこうやって広げると端がずれて斜めになるでしょう?


そのために実際に折ってズレを作った状態で縫うと綺麗に仕上がるのです


まず裏と表の襟を重ねて縫い目のところを待ち針で固定してください。


内側の生地を下側になるように置いて、えりを折って待ち針でとめてください。
このときそのまま刺すと下の生地まで刺してしまうので、折ったところに厚紙などを挟むと刺しやすくなります。
1中心 2左右の印の所 3中心と左右の印の間の順に止めてください。


えりの角は斜めに表生地に向って折ってから待ち針を刺してください。



前中心も表側に向けて折ってから待ち針を刺してください


えりの縫い代を縫い込まないように身頃側へよけてください

ミシンに慣れていない人はミシンで縫うと角を縫うのに失敗してシワになる方が多いようなので角の1cmは手縫いで2~3mmの縫い目で縫っておくと綺麗に作れます。
縫いなれてるから大丈夫という方はここを飛ばして角から反対側の角まで一気に縫ってください。


衿の上をミシンで縫ってください。

これも印をしっかりあわせて縫ってください。


 
縫い代をえり側によけてください。
そして、最初に衿を縫った線と、合体するように手縫いで1cm縫ってください。
ミシンでピッタリ縫える方はここを飛ばしてください


前中心を縫ってください。

ミシンでピッタリギリギリまで縫えるよ~という方は飛ばして角から前中心をつなげて縫ってください。
表替えした時、角が引きつりますので、図の角の所を縫い糸を切らない程度切込みを入れてください。


表がえす時に先が厚くならないように、縫い目から2mm離れた角を切り落としてください。

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする