【おさいほう】マーメードスカートの型紙のすそだけ広げる方法

マーメードスカートの型紙をベースにします

シルエットを変える


足元に向かってシルエットを変えたいとき
上から25~7cmくらいの所からしたに向かって斜めに線を引いて増減してください

丈を伸ばす


タイトスカートをまず床の所まで伸ばしまてください。
丈は実際にそのスカートを着るときの靴を履いてください。
ヒールの高さで丈が変わります



各パーツのすその長さをはかってください。
(縫い代は含めない)


前中心 ○㎝、前脇○㎝、後中心○㎝ 後脇○㎝
と各パーツごとに紙に控えてください。
型紙に1枚と書かれている型紙のすそはは1つ、2枚と書かれた型紙は2枚分の長さで全部足してください。
全部足した数がすその円周となります。


紙に自分の作りたいすその形を書いてください。

スカートの上の部分がくる位置をざっくりと書いておいてください。

真ん中に穴を開けるとこんな感じ

穴の位置やすその形を変えると

こんな感じになります


上記で計算した円周÷3.14÷2=A
コンパスの要領で半径Aの円を描いてください。

トレーン部分を作る。

脇から、はかったすその長さの所に印をつけてください。
円の中央を通るように放射線状に線を引いてください。
切り離してください



切り離したすそを、タイトスカートの下に付けてください


実際はここまで型紙を組み立てませんが張り合わせるとこんな感じになると思ってください。

線をなだらかにつなぐ

スカート部分とすそをなだらかにつながないと、境目が直角になります

スカートの途中から、すその途中までをつなぐように奈良高に線をつなぐ

すると少しなだらかに広がります

腰からすその途中まで直線で補助線を引いて、なだらかに補正すると

こんな感じのシルエットになります。

歩くとすぐに乱れるので、この形を保持したい場合はすそにバイアステープを付けて、中にワイヤーを入れてください

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする