【おさいほう】プリーツスカートの縫い方

印刷用説明書ダウンロード

この型紙で作りました

プリーツスカートの型紙 いるものとオススメの生地

×

スカート部分は表同士が内側になるように重ねて切ると、ヒダの向きが前後で逆になります。

必ず同じ方向になるように一枚づつ切ってください。


布は幅130cm以上推奨ですが、どうしても使いたい柄が130cm以下の場合

布の上に型紙を置いてください


布の幅より内側の谷折の線で型紙を切ってください。

切った所に1cm縫い代をつけてください。


2つのパーツとして布を切ってください。

布を切ったあとは縫い合わせて1枚にし、分割していないものと同じように縫ってください。


縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備
【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず
【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

表  

接着芯

布はしのほつれど

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法


印は切りじつけで入れると裏表両方から見ることが出来ます。

また山折と谷折の折り目の糸の色を変えると折るときに混乱せずにすみますよ


型紙に書かれたとおりに、アイロンで山折り、谷折りして、折り目を付けていきます。

生地によってアイロンの適正な温度が異なります。
綿なら高温、化繊が入っている場合は中温、毛の場合は低温でアイロンをかけてください。


 

アイロンだけだとヒダが消えやすいので、プリーツ固定液をかけてからアイロンをかけるとヒダが消えにくくなります。


折るときは布とアイロンの間にあて布といってハンカチ程度の厚さのはぎれをはさんでアイロンをかけるといいですよ。

そのままかけると赤のスカートの写真のようにアイロンをかけたところが伸びて伸びの差が出てしまいます。


http://yousai.net/nui/skirt/preted/wakihida.jpg

http://yousai.net/nui/1/doll/skilt/pleated_skirt/pleated_mini2.jpg

ヒダがとれないように上から5mm位の所を手縫いで大雑把に縫ってください。
ヒダがとれない程度の大きな縫い目でOK。
あとでほどきます。

ポイント。
一番端のヒダ(ファスナーをつける脇のヒダ)は固定しないでください。

おすすめアイテム

生地に湿る程度に振りかけてアイロンをかけると、プリーツが消えにくくなります。
プリーツスカートや、袴もどきを作る際の必須アイテムです。
これをしていないと、大概の生地は着ているうちにヒダが消えてしまいます。


http://yousai.net/nui/skirt/preted/pleated2.gif

http://yousai.net/nui/1/doll/skilt/pleated_skirt/pleated_mini4.jpg

スカート生地をを表同士が内側になるように重ねてください。

ファスナーを付ける方だけ先に後中心を縫ってください。

あきどまり(ファスナーが開く境目)からすそまで縫ってください。

まっすぐ縫うのが苦手な方はしつけ糸で縫ってからミシンで縫うと安心ですよ。


アイロンでファスナーをつける所の縫い代を左右に折って広げてください。


ミシンの押さえをこのような形のファスナー押さえと取り替えてください。


後スカートの縫い代の下に、表を上にしたファスナーを重ねてください。

ファスナーのムシ(レール部分)が後スカートの折り目から3mmほどはみ出させてください。

折り目から2mmのところを縫って下さい。

縫うのになれていない人は、仕付け糸で手縫いしてから縫うと縫いやすいです。


縫い代の折り目をぴったり合わせてください。


http://yousai.net/nui/skirt/preted/zipper2.jpg

http://yousai.net/nui/wanpi/jumper_skirt/zipper7.jpg

折り目の位置を合わせたまま前スカートを後スカートに重ねてください。

ファスナーの近くを縫ってください。
スカート側から縫いにくいときはしたのイラストのようにファスナー側を上にすると縫いやすいですよ。


反対側の脇を縫ってください。


ウエストベルトを縫ってください。

ウエストベルトの縫い方手前


ウエストベルトはあらかじめアイロンで縫い代を裏側に折ってください。

さらに半分に折ってください。


ウエストベルトの裏全体に接着芯を貼っておくのを忘れずないでください。

芯がないとヘロヘロした仕上がりになるよ。


スカートとベルトを表同士が内側になるように重ねてください。

スカートよりベルトが●=1cmはみ出すように重ねて縫ってください。


このときベルトとスカートのウエストが合わないことが良くあります。

例えば20本ヒダのスカートの場合全てのヒダが1mmずれただけで
2cmサイズが変わります。

型紙どおり、計算どおりに作ろうとしても、機械ではない手作業なので、生地は若干伸縮するし、印しつけもずれることあるし折るときにもずれたりするし、布の厚みが影響したりします。

そういう時はヒダの上側の折り目の位置をずらして調整してください。


両端の縫い代を裏へ折ってください。


スカートの縫い代をベルトで包んでください。

ベルトを縫ってください。


かぎホックをつけてください。

カギホックのつけ方


ヒダを広げて裾をアイロンで折ってください。

すそを縫ってください。

完成です。

次 必要な材料とオススメの生地
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする