【おさいほう】ニッカボッカーズの作り方

ニッカボッカーズ

印刷用説明書ダウンロード

この型紙で作りました

ニッカボッカーズの型紙 いるものとオススメの生地

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備
【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず
【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

表  

接着芯

布はしのほつれどめ


型紙のサイズアップ

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法


切ったあとパーツの前と後ろの区別が付かなくなったら?
股ぐり(しの字の所)が浅いほうが前、深いほうが後です。


http://yousai.net/nui/zubon/knickerbocker/knickerbocker.jpg

前ズボンは腰側の一番外側の線で作るとポケットなし
凹んだ線で作るとポケットありが作れます。


後にポケットをつける

つける場合はここを参照

つけない場合は飛ばしてください


http://yousai.net/nui/zubon/long/1.jpg

ポケットを付ける位置に印を付けてください。
ポケットの穴を開ける所の裏側に補強の為に接着芯を貼ってください。
型紙についている縫い代の印を忘れずに写してください。


雨ふた付きにする場合は先に雨ふたを作ってください。
2枚重ねた布が内側同士が表になるように重ね(これを中表といいます)1cmの幅で縫ってください。


表側にひっくり返して、アイロンで形を整えてください。
端から5mmの所を縫ってください。

ボタンを付ける場合は、この時点でボタンホールを開けてください。
ボタンホールの開け方はミシンの種類によって異なるので、ミシンの説明書を見るかボタンホールの開け方を参考にしてください


ポケット布に型紙から線を写してください。


http://yousai.net/nui/poketto/tamabuchi4/tamabuchi5.jpg

身頃に描いたポケットの印と、ポケット布の印を合わせてください。

この時身頃は表を上に、ポケットは裏を上にして重ねてください。

ずれないようにしつけ糸を使って手縫いで固定してください。

印から3~5mmくらい離れたところを縫ってください。

出来上がり線の上をしつけ糸で縫うとあとでミシンで上を縫ってしまったとき、糸を抜くのが大変になります。


ミシンで四角の印の上を縫ってください。


http://yousai.net/nui/jacket/pocket5.jpg

ハサミで赤の印の上を切る。

この切り口からポケット布を裏側へひっくり返してください。


http://yousai.net/nui/poketto/tamabuchi4/tamabuchi4.jpg

裏側へポケット布を引っ張り出したら、形を整えてピンで固定してください。


http://yousai.net/nui/jacket/pocket24.jpg

穴の端から3~5mmの所をしつけ糸で縫ってください。


たまぶち布をアイロンで半分に折ってください。


http://yousai.net/nui/jacket/pocket26.jpg

しつけ糸で玉ぶち布、ポケット布、表生地を一緒に縫ってください。
たまぶち布の端から5mmの所を縫ってください。


雨ぶたを付ける場合は、雨ぶたを重ね、仕付け糸で端から5mmの所を縫ってください。


表にひっくり返して、ポケットの穴から1~2mmの所をミシンで縫ってください。

この時点でしつけ糸は外してください。


雨ぶたつきの場合は、雨ぶたを表に引っ張り出して、余計ない所を縫い込まないようによけて縫ふちから1~2mmのところを縫ってください。


裏返して、もう一枚ポケット布を重ねてください。

ポケット布同士の縫い代を1cmの幅で縫ってください。


ポケット布2枚一緒にほつれ止めしてください。


ダーツの縫い方


ダーツ(立体にする為のつまみ)のあるデザインのものはダーツを縫って下さい。

ダーツのVの字の線同士が会うように折り、印の上を縫ってください。


ズボンのポケットの縫い方


表を上にした前身頃の上に裏を上にしたポケットを重ね1㎝幅で縫ってください。


カーブの部分をそのまま折ると、外側と出来上がり線の長さが異なるため、引きつるので縫い代に切込みを入れてください。

縫い目を切らないように0.8cm位のところまで三角にきってください。


ポケットを裏に回し、ポケット口の端から0.2~0.5cmの所を縫ってください。

お好みでジーンズのように2本縫ってもいいですね。


ポケットを脇のほうへ半分に折ってください。


本体をよけて、ポケットの底だけ1㎝幅で縫ってください。


ポケットの上と脇を端から0.5cmの所を縫って固定してください。


ファスナーが付く部分を避けて股の上を1㎝幅で縫って下さい。

ファスナーはファスナーを付ける位置の長さより長いものを使って下さい。

長いファスナーは切って短く出来ますよ。


ズボンのファスナーのつけ方


ズボンの前中心に見返しを裏を上にして重ねてください。

端から0.8cmの所を縫ってください。


見返しを裏側に折ってってください。

端から0.2cmの所を縫ってください。


反対側の中心にファスナーを裏を上にして重ねてください。

ファスナーの端を、前中心の端より0.2cm位離しておくと縫いやすいです。
(前中心ピッタリにファスナーを合わせるとミシンによっては、押さえ金の幅が広くて縫いにくいのでちょっとずらしておくと縫いやすくなります。

端から0.5cm位のところを縫ってください。


持ち出しを重ねてください。
折り山ではない方を端に合わせてください。

端から0.8cm位のところを縫ってください。


縫い代を裏側へ折ってください。

端から0.2cmの所を縫ってください。

この時ファスナーあきの一番下の所は拡大図のように重ねてください。
この重なりのおかげでファスナーが隙間から見えるのを防ぎます。


出来上がり通りに前を重ねてください。

ずれないようにピンでとめてください。


ここからは裏からの作業になります。

生地を裏が見えるように置いてください。

持ち出しをよけてください。


引きつったりゆるんだりしない自然な状態で、見返しと、ファスナーだけをピンでとめてください。


ファスナーと見返しを縫ってください。

このときも持ち出しをさけて縫う

縫っていく途中、ファスナーの金具が邪魔になることもあるとおもいますので、その際は金具を動かして縫ってください。


表側にひっくり返してください

ぴらぴら浮いたままの見返しを押さえる為に、表から縫ってください。
この場合も、絶対下の持ち出しを縫わないように避けて縫って下さい。

水などで消えるチャコペンなどで、あらかじめ縫う位置に線を引いておくと綺麗に縫えます。


http://yousai.net/nui/zubon/knickerbocker/mini7.jpg

前身頃(ズボン)と後身頃(ズボン)を表が内側になるように重ねてください。

脇を1㎝幅で縫って下さい。

脇、股下の縫い方ははこの動画を参考にしてください。


一旦ズボンを広げてください。

脇の縫い代を後身頃(ズボン)の方へ倒して、後身頃側に縫い代を固定するために縫い目から0.2~0.5cmの所を縫ってください。

2本縫ってもよい


http://yousai.net/nui/zubon/knickerbocker/mini13.jpg

すそにギャザー縫いをしてください。

縫い代をよけて左右1.5cm開けて縫ってください。


http://yousai.net/nui/zubon/knickerbocker/mini14.jpg

上の図の後身頃の股の上(青い部分)同士を表同士が内側になるように重ねてください。

後の股の上を1cm幅で縫ってください。


繋がった股の下同士を合わせてください。


http://yousai.net/nui/zubon/knickerbocker/mini8.jpg

上の図のピンクの線同士と黄緑の線同士を表同士が内側になるように重ねてください。

股の下を1cm幅で縫ってください。


ベルト通しを作ってください。
ほつれどめを忘れずに!
アイロンで両端を裏側に折ってください。
両端2~3mmの所を縫ってください。



縫い代を折る

上の図の点線のところで半分に折る。

ウエストベルトとすそのパーツをアイロンで図のように折り目をつけてください。


ウエストベルトの縫い方手前


ズボンを表側にひっくり返してください。

表にしたベルトの上に裏を上にしたベルトを重ねてください。

ベルトの両端の縫い代は1cmはみださせてください。

1㎝幅で縫ってください。


縫い合わせのところからベルトを起こしてください。



ベルトは裏がえった状態のまま、持ち出しの延長線上を縫ってください。(拡大図参照)

裏側のベルトは下の縫い代はまっすぐのままで構いません。

縫い代を折りあげると厚くなりすぎて家庭用ミシンでは縫えなくなる場合があります。


ベルトを表返し、身頃の縫い代をベルトの中に入れてください。

端から2~5mmの所を表から縫ってください。

縫いにくい場合は先にしつけ糸でミシンで縫う所より2mm離れた所を縫っておくとミシンで縫いやすくなります。
(ミシンで縫うところを縫うと後で抜きにくくなるので、少しはなれたところを縫ってね)

後でほどくのでしつけ糸は1~2cm位の大きい縫い目で縫ってください。


ベルト通しはお好みで数をかえてつけてください。


すそのパーツの横を1㎝幅で縫ってください。


ズボンの裏にすそのパーツを表同士が内側になるように重ねて1㎝幅で縫ってください。


ズボンのすそをくるんで、縫い目から5mm位の所を縫ってください。

ズボンを裏返し、内側から縫うと縫いやすいです。


ボタンをつけてボタンホールを開けるか、カギホックを付けてください。

完成


ゴムパンツの縫い方


ツータックのパンツに改造したい場合

ダーツ(立体にするためのつまみ)をタックに置き換えてください。

すでにダーツが1つあるのでもう一つ分追加します。

足すタックの量は前は2cm、後は1.5cmです。(左の図の赤い線)

1cmの深さのタックにする場合は2cm必要なので
前は脇を2cm広くしてください。
後は2.5cm脇を出して下さい。
前だけタックで後はダーツという服もあります

あとは自分の好みの位置で1cmの深さでタックをとってください。

次 必要な材料とオススメの生地
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする