ウエストゴムのカーゴパンツの縫い方

イラストを描く手間を省略するために似たような画像を使いまわしています

印刷用説明書ダウンロード

型紙の調整

型紙のサイズアップ

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備
【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず
【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

色の意味

表  

切ったあとパーツの前と後ろの区別が付かなくなったら?


股ぐり(しの字の所)が浅いほうが前、深いほうが後です。

前のズボンは右側のように型紙を切るとポケットつき

左の絵のように切るとポケットなしで作れます。

ポケットを縫う

http://yousai.net/nui/zubon/cargo/mini/mini1.jpg

表を上にした前身頃の上に裏を上にしたポケットを重ね1cmの幅で縫ってください。


角に切り込みをいれずに裏に折ると、外側と出来上がり線の長さが異なるため、引きつるので縫い代に切込みを入れてください。

縫い目を切らないように0.8cm位のところまで切込みを入れてください。


ポケットを裏に回し、ポケット口の端から0.2~0.5cmの所を縫ってください。

お好みでジーンズのように2本縫ってもいいですね。


ポケットを脇のほうへ半分に折ってください。


本体をよけて、ポケットの底だけ1㎝幅で縫ってください。


ポケットの上と脇を端から0.5cmの所を縫って固定してください。

前の股の上を縫う

http://yousai.net/nui/zubon/cargo/mini/mini10.jpg

前ズボンを内側が表になるように重ねてまたの上を1cmで縫ってください。

脇を縫う

http://yousai.net/nui/zubon/cargo/mini/mini4.jpg

前身頃と後ろ身頃を表が内側になるように重ねてください。

脇を1cmの幅で縫ってください。


ズボンを広げてください。

脇の縫い代を後ろ身頃の方へ倒して、後ろ身頃側に縫い代を固定するために縫い目から0.2~0.5cmの所を縫ってください。

2本縫ってもよいです。

ポケットのふたを作る

http://yousai.net/nui/zubon/cargo/mini/mini2.jpg

雨ぶたを内側が表になるように2枚重ね縫ってください。
上側の縫い代は少し内側になるように1cm幅で縫ってください。


ひっくり返して端から5mm位の所を縫ってください。
ボタンでとめたい方はボタンホールをあけてください。

脇ポケットを縫う

http://yousai.net/nui/zubon/cargo/mini/mini3.jpg

ポケットの上の縫い代を裏へ2cm折ってってください。

1.5cmの所を縫ってください。


http://yousai.net/nui/zubon/cargo/pocket2.jpg

角を表が内側になるように折って縫ってください。


縫い代をアイロンで内側に折って下さい。

布なので微妙に大きさが変わるので、左右と底の部分をはかっておいてください。


消せるチャコペンなどで、ポケットをつける位置に線を引いてください。

このとき上ではかった長さに微調整してください。


印の上にポケットを重ねて下さい。

ピンで3~4箇所固定して下側の1~2mmの所を縫ってください。


片方づつ左右の1~2mmの所を縫ってください。

厚みの真ん中を内側に折って、端を三角形に縫うか、ジグザグ縫いで縫ってください。


雨ぶたを上下逆にして印の1㎝下に端がくるようにして縫い付けてください。


雨ぶたを折り返して上から5mmの所を縫って固定してください。

ボタンをつけてください。

アメリカンホックやスナップボタンでもいいですよ。

後の股の上を縫う

上の図の後ろ身頃の股の上(青い部分)同士を表同士が内側になるように重ねてください。

後の股の上を縫ってください。

股の下を縫う

繋がった股の下同士を合わせてください。


http://yousai.net/nui/zubon/cargo/mini/mini6.jpg

上の図のピンクの線同士と黄緑の線同士を表同士が内側になるように重ねてください。

股の下を1cm幅で縫ってください。

スソを縫う

http://yousai.net/nui/zubon/cargo/mini/mini5.jpg

すその縫い代をアイロンで裏側へ2cm幅で折ってください。
1.5cm幅で縫ってください。
すそをすぼませる場合は1.5~2cm程度脇側を縫わずにあけてください。
ここから紐やゴムを入れてください。

ベルトを縫う

ウエストベルトをアイロンで折ってください。
裏側に隠れる方は縫い代を少し短めに折っておくと縫いやすいです。


http://yousai.net/nui/zubon/cargo/mini/mini7.jpg

ズボンの表側に、ベルトの表側が合わさるように重ね、1cmのところを縫ってください。


アイロンで折ったとおりにベルトを折ってください。


アイロンでつけた折り目で折ってください。
ベルト部分を縫ってください。


縫い始めと縫い終わりを1.5㎝あけてください。(ゴムを入れる穴になる)
図のように上から0.2cm、真ん中、下は1.5cm平行に縫ってください。

ゴムを入れる


ゴムは入れる予定の2倍の長さに切ってください。

ゴムを半分に折って真ん中にしるしを付けてください
ゴムの両端にに安全ピンを付けることで、一度に上下のゴムを入れると、ゴム入れが楽になります。
1本づつ入れると、最初の1本目でできたギャザーで入れにくくなるので、2本同時の方が楽に入れると、クライムキ先生に教えていただきました。

しかもつながっているので、ゴムが中にスポッと入り込むこともありませんよ。


安全ピンでゴムと押しをする場合右のようにそのまま差すとほぐれて抜けることがあるので、左のように一度折ってから刺すとよいです。

ウエストゴムの入れ方

この型紙で作りました

カーゴパンツの型紙

いるもの

□ 表生地
□ 生地にあった色の糸
□ ゴム
□ 紐通し

オススメの生地

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

カラーデニムカツラギ
厚地の綿生地です。
丈夫でカッチリと重厚な仕上がりになります。
カーゴパンツとかがっちりさせたい場合はこちらを買うと間違いないと思います。

ポリエステルツイル
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー